童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

夜の梅

夜の梅           

♫ こずえまばらに さきそめし ♪

f:id:ori-iro:20200314115748j:plain



     夜の梅          作詞:不 詳
                  作曲:岡野 貞一


1 こずえまばらに さきそめし  :  梢まばらに 咲初めし
  はなはさやかに みえねども  :  花はさやかに 見えねども
  よるもかくれぬ かにめでて  :  夜もかくれぬ 香にめでて
  まどはとざさぬ やみのうめ  :  窓はとざさぬ 闇の梅

2 はなもさえだも そのままに  :  花も小枝も その儘に
  うつるすみえの かみしょうじ :  写る墨画の 紙障子
  かおりゆかしく おもえども  :  香りゆかしく 思えども
  まどはひらかぬ つきのうめ  :  窓は開かぬ 月の梅

 

1914年(大正3年)の「尋常小学唱歌」第六学年用に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200213152728j:plain

歌詞を自分流に説明してみると
1番 (暗い夜の様子)
まだ、まばらに咲き始めたばかりの梅の花だが、暗闇で花は見えなくてもその香りは
漂ってくる。まだ春先で寒い夜だが、その香りを楽しむために窓は開けておこう。

2番 (月明かりの夜の様子)
今夜は月夜である。障子に梅の花と枝がそのままに月影に写されている。
香りも楽しみたいが、窓は開けないでこの墨絵を楽しむことにしよう。

こんなところでしょうか、味のある歌詞ですね。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー