童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

宵待草(よいまちぐさ)

宵待草(よいまちぐさ)

♫ まてどくらせど こぬひとを ♪

f:id:ori-iro:20200204084758j:plain

 



   宵待草(よいまちぐさ)     作詞:竹久 夢二
                   作曲:多 忠亮


 まてどくらせど こぬひとを : 待てど暮らせど 来ぬ人を
 よいまちぐさの やるせなさ : 宵待草の やるせなさ
 こよいはつきも でぬそうな : 今宵は月も 出ぬそうな


竹久夢二が27歳の時に千葉県の銚子市で偶然に出会った女性との、淡く儚い恋を
詩に
書いたもの、とされています。

原詩「宵待草」
遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき
思ふまいとは思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな

f:id:ori-iro:20200204085112j:plain


1912年(明治45年)にこの原詩が発表され、翌年に刊行の絵入り詩集「どんたく」
で、現在の三行詩の形で発表されました。

これにバイオリン奏者であり、作曲家でもあった「多 忠亮(おおの ただすけ)」が
曲を付けて、1917年(大正6年)、第2回「芸術座音楽会」で初演されました。
(参考資料:Wikipedia・宵待草)
  


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー