童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

美しき天然

美しき天然

♫ そらにさえずる とりのこえ ♪

f:id:ori-iro:20200203121302j:plain

 

 f:id:ori-iro:20200609205305p:plain


     美しき天然         作詞:武島 羽衣
                   作曲:田中 穂積


1 そらにさえずる とりのこえ   : 空にさえずる 鳥の声
  みねよりおつる たきのおと   : 峰より落つる 滝の音
  おおなみこなみ とうとうと   : 大波小波 とうとうと
  ひびきたえせぬ うみのおと   : 響き絶えせぬ 海の音
  
  きけやひとびと おもしろき   : 聞けや人々 面白き
  このてんねんの おんがくを   : この天然の 音楽を
  しらべじざいに ひきたもう   : 調べ自在に 弾きたもう
  かみのおんての とうとしや   : 神の御手の 尊しや

2 はるはさくらの あやごろも   : 春は桜の あや衣
  あきはもみじの からにしき   : 秋はもみじの 唐錦
  なつはすずしき つきのきぬ   : 夏は涼しき 月の絹
  ふゆはましろき ゆきのぬの   : 冬は真白き 雪の布

  みよやひとびと うつくしき   : 見よや人々 美しき
  このてんねんの おりものを   : この天然の 織物を
  てぎわみごとに おりたもう   : 手際見事に 織りたもう
  かみのたくみの とうとしや   : 神のたくみの 尊しや

3 うすずみひける よものやま   : うす墨ひける 四方の山
  くれないにおう よこがすみ   : 紅い匂う 横がすみ
  うみべはるかに うちつづく   : 海辺はるかに うち続く
  せいしょうはくさの うつくしさ : 青松白砂の 美しさ

  みよやひとびと たぐいなき   : 見よや人々 たぐいなき
  このてんねんの うつしえを   : この天然の うつし絵を
  ふでもおよばず かきたもう   : 筆も及ばず かきたもう
  かみのちからの とうとしや   : 神の力の 尊しや

4 あしたにおこる くものとの   : 朝に起る 雲の殿
  ゆうべにかかる にじのはし   : 夕べにかかる 虹の橋
  はれたるそらを みわたせば   : 晴れたる空を 見渡せば
  あおてんじょうに にたるかな  : 青天井に 似たるかな

  あおげひとびと めずらしき   : 仰げ人々 珍らしき
  このてんねんの けんちくを   : この天然の 建築を
  かくこうだいに たてたもう   : かく広大に たてたもう
  かみのみわざの とうとしや   : 神のみ業の 尊しや

  

1900年(明治33年)頃に作られた歌で、もっぱら海軍軍楽隊の内部で演奏されてい
たものが、その後一般にも広がっていきました。

また「美しき」を「うるわしき」と表記されていることも多いですが、歌詞に「うつ
くしき この天然の」とあります。この事からも「うつくしき」とそのまま読む方が
自然ではないでしょうか。


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)