唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

燕(つばくらめ)

燕 (つばくらめ) 

♫ 町のはずれの 電線に ♪

f:id:ori-iro:20200804135442j:plain


 

f:id:ori-iro:20200804135610p:plain


      燕            文部省唱歌

1 まちのはずれの でんせんに  : 町のはずれの 電線に
  ともまちがおの つばくらめ  : 友まちがおの つばくらめ
  しおじはるばる こえてきた  : 潮路はるばる 越えて来た
  たびのなかまは どこにいる  : 旅の仲間は 何処にいる
  やまはゆうひが あかくてる  : 山は夕日が 赤く照る

2 みぎにひだりに みをかわし  : 右に左に 身をかわし
  えをさがしゆく つばくらめ  : 餌をさがしゆく つばくらめ
  いえにのこした こつばめは  : 家にのこした 子つばめは
  ははのかえりを まっていよう : 母のかえりを 待っていよう
  やまでゆうべの かねがなる  : 山で夕の 鐘が鳴る

1932年(昭和7年)「新訂尋常小学唱歌 第三学年用」に掲載されました。
(現代仮名遣いに変更してあります)

つばくらめ=燕 ⇒ ツバメの呼び名で、他にもツバクロ,ツバクラ,などとも
         呼ばれるようです。(参考資料:コトバンク ツバクラメ)

と、これを調べていてふっと思いつきました。
西條八十、古賀政男、作詞作曲の「サーカスの唄」の歌い出し部分「旅のつばくろ
淋しかないか 」やっとわかりました、ツバメのことだったのですね。
今まで口ずさむたびに気にはなっていたのですが、分からないままでした。

ツバメと人間とは古い付き合いで、古来より深い信頼関係ができていたようです。
というのは、ツバメは稲の害虫を食べてくれる益鳥として大切にされ、またツバメもそんな人間の事情を知ってか、農家などの中や軒先に巣を作って雛を育てていました。

つまり人間にとっては大切な稲を害虫から守る益鳥として、またツバメには雛をヘビやカラスなどから守ってくれる人間としてです。

私の家は農家でしたから玄関の中にツバメが巣を作って、子育てをしていました。
夜は暗くなってツバメが帰っているのを確認してから戸を締め、朝は一番に玄関の戸を開けてやりました。ツバメは朝が早いから、明るくなる頃にはもう玄関内を飛び回って「早く開けてくれ」と言っていました。

毎年決まって来ていましたから、同じツバメ、もしくはそこで巣立ったツバメが来ていたものでしょうか。



「お花贈り物」 誕生日や記念日に、心を込めたカードを添えて。

日比谷花壇