にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

ずいずいずっころばし

ずいずいずっころばし

♫ ずいずい ずっころばし ♪

f:id:ori-iro:20200115091032j:plain


 

f:id:ori-iro:20200614193812p:plain

  ずいずいずっころばし          わらべうた

 
  ずいずい ずっころばし ごまみそ ずい
  ちゃつぼにおわれて トッピンシャン
  ぬけたら ドンドコショ
  たわらの ねずみが 米くって チュー
  チュー チュー チュー
  おっとさんが呼んでも
  おっかさんが呼んでも
  いきっこなしよ


古くから日本に伝わる「わらべうた」です。
「井戸のまわりで お茶碗欠いたの だあれ」 と最後に付け足して歌われることも
あります。

f:id:ori-iro:20200115091346j:plain

(以下、Wikipedia・ずいずいずっころばし  より引用)
歌詞の意味としては、「胡麻味噌(ごまみそ)を摩(す)っていると、お茶壺道中が
来ると言うので、家の中に入って戸をピシャリと閉めて(=トッピンシャン)やり過
ごす。お茶壺道中は、現在の京都府宇治市の名産品である宇治茶の新茶を将軍(徳川
将軍家)に献上するための茶壺を運ぶ行列(宇治採茶使)のことで、切捨御免(きり
すてごめん)の時代柄、庶民は粗相(そそう)の無いように細心の注意を払っており、
子どもたちは両親に呼ばれても決して外に出てはならないと教えられた。そしてお茶
壺道中が通り過ぎるとやっと一息つけたのである(=ぬけたらドンドコショ)。とこ
ろで、家の中で息を潜めていると、米をかじっているネズミの鳴き声や、井戸の近く
で茶碗が割れたような音まで聞こえてくる。」というものである。   (引用 ここまで)



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る