童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

♫ まつばらとおく きゆるところ ♪

f:id:ori-iro:20191024151030j:plain


 

  海        作詞・作曲者:不詳

 

1 まつばらとおく きゆるところ  : 松原遠く 消ゆるところ
  しらほのかげは うかぶ     : 白帆の影は 浮かぶ
  ほしあみはまに たかくして   : 干網浜に 高くして
  かもめはひくく なみにとぶ   : 鷗は低く 波に飛ぶ
  みよひるのうみ みよひるのうみ : 見よ昼の海 見よ昼の海

2 しまやまやみに しるきあたり  : 島山闇に 著きあたり
  いさりび ひかりあわし     : 漁火 光淡し
  よるなみきしに ゆるくして   : 寄る波岸に 緩くして
  うらかぜかろく いさごふく   : 浦風軽く 沙吹く
  みよよるのうみ みよよるのうみ : 見よ夜の海 見よ夜の海


消ゆる ⇒ 消える・なくなること
著き(しるき) ⇒ 明白なこと・しっかりしていること
(上記2点出典元: Weblio古語辞典)
(島山闇に著きあたり ⇒ 夜の暗闇でも、島や山がはっきりと分かるようす)
漁火(いさりび)⇒ 魚を誘い寄せるために夜間、漁船でたく火(出典元:コトバンク)
緩く ⇒ この歌詞の場合は「激しくない、勢いが弱い」といったことでしょう。
浦風(うらかぜ)⇒ 海辺を吹く風、浜風のこと。(出典元:goo辞書)
沙(いさご)⇒ 砂のことです。

1913年(大正2年)発行の「尋常小学唱歌 第五学年用」に掲載されました。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー