にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

追 憶(ついおく)

追 憶(ついおく)

f:id:ori-iro:20200109100426j:plain


 

     追 憶             作詞:古関 吉雄
                     作曲:スペイン民謡

歌詞については、著作権保護期間中のために掲載を控えます。

「追憶」は、アメリカ合衆国で賛美歌、聖歌として歌われていた「Flee as a bird」ま
たは「Flee as a bird to your mountain」に、古関吉雄が日本語詞をつけ、1939年
に発表された唱歌です。第二次世界大戦後の日本では、音楽の教科書に掲載されるな
ど、その美しいメロディーと共に広く知られるようになりました。

それ以前の1890年に、「Flee as a bird」に日本語詞をつけた大和田建樹による「月
みれば」が「明治唱歌 第五集」で発表されています。

また1919年には、「惟一倶楽部」による日本語詞、「故小妹」(こしょうまい)が発
表され、後には喜波貞子や藤山一郎によって録音も行われています。

原曲の「Flee as a bird」は、アメリカ合衆国の詩人で、賛美歌の作詞作曲もした 
Mary S. B. Shindler が、スペインの旋律をもとに、旧約聖書の詩篇に基づいて作詞
した賛美歌とされています。ただし、原曲となった具体的な楽曲は特定されていない、
ということです。(参考資料:Wikipedia)

f:id:ori-iro:20200109100404j:plain


  月みれば    大和田 建樹(1890年 明治唱歌 第五集)

 霞にしづめる 月影見れば
 浮世を離れて 心は空に
 海原しづかに 波もなき夜を
 松原ねむりて 月もなき夜半を
   あゝめでゝや 空に

 布ひく雲間に かかれる見れば
 この世のにごりも 忘れて空に
 萩ちる野末に 鹿のなく夜を
 花咲く芦辺に 雁の来る夜半を
   あゝめでゝや 空に


  故小妹(こしょうまい)   惟一倶楽部 (1919年)

 更けゆく鐘の音 思いうつせみの
 果なき面影 結びもあえず
 忽(たちま)ち夢さめて とめし我が手に残しし
 ゆかりの色濃き 若紫の
 ああ ゆかりの小袖

 思い出づれば 十年(ととせ)の昔
 はるけき旅路に 我等残しし
 幼き姉妹(はらから)の 夢の面影なれや
 更けゆく鐘の音 昔を語る
 ああ ゆかりの小袖


★  童謡・唱歌などのCDや本のご紹介をしています  ⇐ 

ピアノやギターで弾いて子供と一緒に歌ったり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。