唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

時計台の鐘

時計台の鐘

♫ とけいだいの かねがなる ♪

f:id:ori-iro:20191215115249j:plain


 

f:id:ori-iro:20200615190410p:plain

  時計台の鐘              作詞・作曲:高階 哲夫

1 とけいだいの かねがなる     : 時計台の 鐘がなる
  おおぞらとおく ほのぼのと    : 大空遠く ほのぼのと
  しずかによるは あけてきた    : しずかに夜は 明けてきた
  ぽぷらのこずえに ひはてりだして : ポプラの梢に 日は照りだして
  きれいなあしたに なりました   : きれいな朝に なりました
  とけいだいの かねがなる     : 時計台の 鐘がなる

2 とけいだいの かねがなる     : 時計台の 鐘がなる
  あかしやのきに ひはおちて    : アカシヤの木に 日は落ちて
  しずかにまちも くれてゆく    : しずかに街も 暮れてゆく
  やまのまきばの ひつじのむれも  : 山の牧場の 羊の群も
  だまっておうちへ かえるだろ   : だまっておうちへ かえるだろ
  とけいだいの かねがなる     : 時計台の 鐘がなる
  

1927年(昭和2年)にバイオリニストで作曲家でもある高階哲夫が、札幌でコンサー
トを行った際の風景や印象をもとに作られた、とされている歌です。

1番の歌詞に「きれいなあしたに なりました」とありますが、この場合の「あした」とは「朝」のことです。

f:id:ori-iro:20191215115414j:plain

 
静かな曲で、メロディーはたいへんに美しいですね。

数ヶ月前には三泊四日の北海道旅行に行ってきたのですが、時間に追われて札幌
市内は通り過ぎただけでした。
今度はゆっくりと札幌市内を歩いてみたいものです。




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain