にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

早春賦

早春賦

♫ はるはなのみの かぜのさむさや ♪

f:id:ori-iro:20191028140902j:plain


 

f:id:ori-iro:20200615102521p:plain

       早春賦          作詞: 吉丸 一昌
                    作曲: 中田 章

1 はるはなのみの かぜのさむさや : 春は名のみの 風の寒さや
  たにのうぐいす うたはおもえど : 谷の鶯 歌は思えど
  ときにあらずと こえもたてず  : 時にあらずと 声も立てず
  ときにあらずと こえもたてず  : 時にあらずと 声も立てず

2 こおりとけさり あしはつのぐむ : 氷解け去り 葦は角ぐむ
  さてはときぞと おもうあやにく : さては時ぞと 思うあやにく
  きょうもきのうも ゆきのそら  : 今日も昨日も 雪の空
  きょうもきのうも ゆきのそら  : 今日も昨日も 雪の空

3 はるときかねば しらでありしを : 春と聞かねば 知らでありしを
  きけばせかるる むねのおもいを : 聞けば急かるる 胸の思いを
  いかにせよとの このごろか   : いかにせよとの この頃か
  いかにせよとの このごろか   : いかにせよとの この頃か

 
角(つの)ぐむ ⇒ 草木の芽が角のように出はじめる。葦(あし)・荻(おぎ)・
         薄(すすき)・真菰(まこも)などに多くいう。
              (出典元:コトバンク・角ぐむより)

 1913年(大正2年)に発表された唱歌です。

f:id:ori-iro:20191028142627j:plain

歌詞の意味

1 春とは名ばかりの、風の冷たさだ。
  鶯の鳴き声を待っているが、まだ時期が早いというのか鳴かないようだ。

2 氷は解けて、葦(あし)の芽が萌え出てきた。
  やっと春になったと思ったのに、昨日も今日も雪が降っている。

3 春と聞かなければ知らないでいたものを。
  聞いてしまったら待ちこがれる、この時期の思いをどうしたらいいだろう。

 こんな意味になるでしょうか。


★  童謡・唱歌などのCDや本のご紹介をしています  ⇐ 

ピアノやギターで弾いて子供と一緒に歌ったり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。