唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

さくら

さくら 

    ♫ さくら さくら のやまもさとも ♪

f:id:ori-iro:20190929112456j:plain

   

 

f:id:ori-iro:20200612154035p:plain

 

      さくら           日本古謡

さくら さくら          : さくら さくら
のやまもさとも みわたすかぎり  : 野山も里も 見わたす限り
かすみかくもか あさひににおう  : かすみか雲か 朝日ににおう
さくら さくら はなざかり    : さくら さくら 花ざかり

幕末の頃、江戸で子供用の箏の手ほどき曲として作られた歌詞

さくら さくら          : さくら さくら
やよいのそらは みわたすかぎり  : 弥生の空は 見渡すかぎり
かすみかくもか においぞいずる  : 霞か雲か 匂いぞ出ずる
いざや いざや みにゆかん    : いざや いざや 見にゆかん

f:id:ori-iro:20190929112754j:plain

昭和16年改変の歌詞を1番、江戸時代からの歌詞を2番として扱っていることも
あります。

また日本を代表する曲として、国際的な場面でも演奏されたり歌われることも
多いそうです。

弥生 ⇒(やよい=陰暦で3月のこと)


歌詞の意味

3月の空は見渡す限りに霞がかかって、どこからが雲なのかも分からないよう
だ。しかしそんな中から待っていた桜の花の匂いが漂ってくる。
さあ、さあ、みんなで桜の花を見に行きましょう。

f:id:ori-iro:20190929113051j:plain

  なぜ歌詞が変えられたのか

 国民学校音楽教科書に収載の際の改変の理由については、「古謡は、可成り語
句がむづかしく、この程度の児童には難解である為、その精神を採り入れて、
替歌としたものである。」(国民学校芸能科音楽2年うたの本教師用書)と説
明が付されているそうです。
出典元 : レファレンス協同データベース
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000154322




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain