童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

夏は来ぬ

夏は来ぬ

   ♫ うのはなの におうかきねに  ♪

f:id:ori-iro:20191005095118j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200616101303p:plain

     夏は来ぬ          作詞:佐佐木 信綱
                   作曲:小山 作之助

1 うのはなの におうかきねに  : 卯の花の 匂う垣根に
  ほととぎす はやもきなきて  : 時鳥 早も来鳴きて
  しのびねもらす なつはきぬ  : 忍音もらす 夏は来ぬ

2 さみだれの そそぐやまだに  : 五月雨の そそぐ山田に
  さおとめが もすそぬらして  : 早乙女が 裳裾ぬらして
  たまなえううる なつはきぬ  : 玉苗植うる 夏は来ぬ

3 たちばなの かおるのきばの  : 橘の 薫る軒端の
  まどちかく ほたるとびかい  : 窓近く 蛍飛びかい
  おこたりいさむる なつはきぬ : おこたり諌むる 夏は来ぬ

4 おうちちる かわべのやどの  : 楝ちる 川辺の宿の
  かどとおく くいなこえして  : 門遠く 水鶏声して
  ゆうづきすずしき なつはきぬ : 夕月すずしき 夏は来ぬ

5 さつきやみ ほたるとびかい  : 五月闇 蛍飛びかい
  くいななき うのはなさきて  : 水鶏鳴き 卯の花咲きて
  さなえうえわたす なつはきぬ : 早苗植えわたす 夏は来ぬ

 f:id:ori-iro:20191005095444j:plain

卯の花⇒ウツギの花
早乙女⇒田植えをする女性のこと
忍び音⇒●小声、ひそひそ声のこと。
     ●陰暦四月頃に鳴くホトトギスの鳴き声のことで、その季節の初 
      めての鳴き声をいう
裳裾(もすそ)⇒着物(衣服)のすそをいう。
軒端(のきば)⇒軒の端、軒の先端(軒とは、屋根が建物の壁面より外に出
         ている部分)
おこたり諌むる⇒中国のことわざ、蛍雪の功を表している。
(家が貧しくて油を買えなかったので、夏は蛍の光で、冬は雪あかりで書を読
 んで勉強したということによる)
楝(おうち)⇒センダンという木(花)の古い呼び名です。
水鶏(クイナ)⇒水辺に住む、くいな科の渡り鳥
五月闇(さつきやみ)⇒陰暦5月(現在の5月下旬から7月中旬ころ)の梅
            雨どきの夜の暗さ、暗やみのこと。
早苗(さなえ)⇒苗代から田へ植え替えるころの稲の苗のこと。
(参考資料:goo辞書、コトバンク)

日本語の柔らかくて奥深い響きがいいですね、しかし調べてみないとわからな
い言葉が多いです。 

1980年代だったでしょうか、この曲は石鹸のコマーシャルにも使われていまし
たね、カネボウ絹石鹸。
あのコマーシャルを思い出す、なんていうと歳がわかってしまいますね。


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)