唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

村の鍛冶屋

村の鍛冶屋

♫ しばしもやすまず つちうつひびき ♪

f:id:ori-iro:20191113215902j:plain


 

f:id:ori-iro:20200618162922p:plain

      村の鍛冶屋           作詞・作曲:不詳

1 しばしもやまずに つちうつひびき  : 暫時も止まずに 槌うつ響
  とびちるひのはな はしるゆだま   : 飛び散る火の花 はしる湯玉
  ふいごのかぜさえ いきおもつがず  : 鞴の風さえ 息をもつがず 
  しごとにせいだす むらのかじや   : 仕事に精出す 村の鍛冶屋

2 あるじはなだかき いっこくおやじ  : あるじは名高き いっこく老爺
  はやおきはやねの やまいしらず   : 早起早寝の 病知らず
  てつよりかたしと ほこれるうでに  : 鉄より堅しと 誇れる腕に
  まさりてかたきは かれがこころ   : 勝りて堅きは 彼が心

3 かたなはうたねど おおがまこがま  : 刀はうたねど 大鎌小鎌
  まぐわにさくぐわ すきよなたよ   : 馬鍬に作鍬 鋤よ鉈よ
  へいわのうちもの やすまずうちて  : 平和の打ち物 休まずうちて
  ひごとにたたかう らんだのてきと  : 日毎に戦う 懶惰の敵と

4 かせぐにおいつく びんぼうなくて  : 稼ぐにおいつく 貧乏なくて
  めいぶつかじやは ひびにはんじょう : 名物鍛冶屋は 日々に繁昌
  あたりにるいなき しごとのほまれ  : あたりに類なき 仕事のほまれ
  つちうつひびきに ましてたかし   : 槌うつ響に まして高し

 

f:id:ori-iro:20191113215935j:plain


1912年(大正元年)12月「尋常小学唱歌(四)」で発表されました。

しかし1942年(昭和17年)の「初等科音楽(二)」に収録の際には、平和を歌う三
番以降の歌詞が戦時下には不適当として教科書から削除され、1947年(昭和22年)
には文語調が子供には難しいからと、題名が「村のかじや」とされるなど、その時代
によって改変されてきました。

ここでは原詩を掲載していますが、以下に1942年(昭和17年)に改変して発表され
た歌詞を記しておきます。

1 しばしも休まず つち打つ響
  飛び散る火花よ はしる湯玉
  ふいごの風さえ 息をもつがず
  仕事に精出す 村の鍛冶屋

2 あるじは名高い いっこく者よ
  早起き早寝の やまい知らず
  鉄より堅いと 自慢の腕で
  打ち出す刃物に 心こもる

暫時(しばし)⇒ ちょっとのあいだ・しばらく

湯玉(ゆだま)⇒ 湯が煮えたつ時、表面にわきあがる泡・玉のように飛び散る熱湯。

鞴(ふいご)⇒ 主に鍛冶現場で使われていた、手動式の送風機。

いっこく ⇒ 頑固(がんこ)で人の意見を聞かない・強情。

懶惰(らんだ)⇒ なまけて、仕事などをなおざりにすること。
 

現在の若い人には、「鍛冶屋」と言っても分からない人が多いでしょう。
それどころか、鍬(くわ)、鋤(すき)、鉈(なた)、といった農具さえ分からない
人も多いと思います。 




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain