唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

紅 葉(もみじ)

紅 葉(もみじ)

  ♫ あきのゆうひに てるやまもみじ ♪

f:id:ori-iro:20190926193142j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200618193741p:plain

     紅葉(もみじ)         作詞 : 高野 辰之
                     作曲 : 岡野 貞一

1 あきのゆうひに てるやまもみじ : 秋の夕日に 照る山紅葉
  こいもうすいも かずあるなかに : 濃いも薄いも 数ある中に
  まつをいろどる かえでやつたは : 松をいろどる 楓や蔦は
  やまのふもとの すそもよう   : 山のふもとの 裾模様

2 たにのながれに ちりうくもみじ : 谷の流れに 散り浮く紅葉
  なみにゆられて はなれてよって : 波にゆられて 離れて寄って
  あかやきいろの いろさまざまに : 赤や黄色の 色様々に
  みずのうえにも おるにしき   : 水の上にも 織る錦

 

f:id:ori-iro:20190926193534j:plain

歌の説明 

1911年(明治44年)に「尋常小学唱歌(二)」で発表された唱歌です。
2007年(平成19年)には、日本の歌百選に選ばれています。
高野 辰之・岡野 貞一の2人による作詞・作曲は他にも「故郷(ふるさと)」、
「春が来た」、「春の小川」、「朧月夜(おぼろづきよ)」など多数の名曲を
残しています。

山紅葉(ヤマモミジ)

1番の出だしで、「秋の夕日に 照る山紅葉」とありますが、これは「秋の夕
日にヤマモミジが照らされている」ということであって、「秋の夕日に照らさ
れている、山にあるモミジ」ではありません。ここの解釈に引っかかったので
多数調べてみましたが、間違いないようです。

ヤマモミジ(カエデ科 カエデ属)

f:id:ori-iro:20190926193743j:plain

日本固有種のモミジです。北海道と青森県から鳥取県にかけての日本海側で、
おもに山地の谷間や斜面に分布しています。

歌詞の意味

1 秋晴れの夕日に、渓谷の山紅葉(ヤマモミジ)が照らし出されるように輝
  いている。その中には赤や黄色、ピンクやまだ緑色っぽいものなど、それ
  ぞれにこの美しい秋を楽しみながら参加しているようである。

  その中にあって緑色の松もひときわ美しい。
  その松の緑を引き立てている楓や蔦は、着物の裾模様のように山を彩って
  いる。

f:id:ori-iro:20190926193841j:plain

2 山あいの渓谷の流れに落葉となってしまった色とりどりの紅葉が、波に揺
  られて楽しそうに、しかしちょっと寂しそうに流れていく。

  その色模様は水に描かれた織物のように美しく、いつまでも見ていて飽き
  ない。自然の美しさはこれほどのものなのだ、言葉では言い尽くせない。 




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain