童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

牧場の朝

牧場の朝

♫ ただいちめんに たちこめた ♪

f:id:ori-iro:20191217090731j:plain


 

 

f:id:ori-iro:20200618124301p:plain

  牧場の朝             作詞:不詳
                   作曲:船橋 栄吉

1 ただいちめんに たちこめた : ただ一面に 立ちこめた
  まきばのあさの きりのうみ : 牧場の朝の 霧の海
  ぽぷらなみきの うっすりと : ポプラ並木の うっすりと
  くろいそこから いさましく : 黒い底から 勇ましく
  かねがなるなる かんかんと : 鐘がなるなる カンカンと

2 もうおきだした こやごやの : もう起きだした 小舎小舎の
  あたりにたかい ひとのこえ : あたりに高い 人の声
  きりにつつまれ あちこちに : 霧につつまれ あちこちに
  うごくひつじの いくむれの : 動くひつじの いくむれの
  すずがなるなる りんりんと : 鈴がなるなる リンリンと

3 いまさしのぼる ひのかげに : いまさしのぼる 日の影に
  ゆめからさめた もりややま : 夢からさめた 森や山
  あかいひかりに そめられた : 赤い光に 染められた
  とおいのずえに ぼくどうの : 遠い野末に 牧童の
  ふえがなるなる ぴいぴいと : 笛がなるなる ピイピイと

f:id:ori-iro:20191217091310j:plain

1932年(昭和7年)の「新訂尋常小学唱歌(四)」に初掲載されました。
作詞は不詳となっていますが、「杉村 楚人冠」とされています。

この歌のモデルとなったのは「岩瀬牧場」(福島県岩瀬郡鏡石町)で、「牧場の朝」
は町歌となっているそうです。

日本の古い西欧式牧場で、明治の初めに2,677 ヘクタールもの高大な原野を宮内省直
営の「順宣牧場」として開懇したのが始まりです。

現在は、ミニ動物園や植物園、体験農場などを併設した私営の観光牧場となり、休日
は多くの家族連れでにぎわう一方、場内には開墾当時を偲ぶ牛舎や旧事務所、とうも
ろこし乾燥舎などが昔と変わらぬ姿で残っており、サイロや牛乳運搬のトロッコなど
が大切に保管され、日本の酪農の歴史を今に伝えています。

1907年(明治40年)に日本初となる13頭の乳牛(オランダホルスタイン)と農機具を
オランダから導入し、今に続く西欧式牧場はこの場所から始まりました。

 このときにオランダから友好の証として贈られたのが「青銅の鐘」(町指定文化
財)です。現在ほど時計が普及していないかった時代、牧場で朝、昼、晩、そして作
業の始まりと終わりの時刻を告げることになった鐘は、唱歌「牧場の朝」の中でも歌
われ、時代を超えて子どもから大人まで多くの人々に親しまれてきました。
参考資料:福島県鏡石町Webページ https://www.town.kagamiishi.fukushima.jp/bokujou/ 


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)