唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

ローレライ

ローレライ


♫ なじかはしらねど こころわびて ♪

f:id:ori-iro:20191108162331j:plain


 

f:id:ori-iro:20200619115403p:plain

      ローレライ        作詞:近藤 朔風
                   作曲:フリードリヒ・ジルヒャー

1 なじかはしらねど こころわびて  : なじかは知らねど 心わびて
  むかしのつたえは そぞろみにしむ : 昔の伝説は そぞろ身にしむ
  さびしくくれゆく ラインのながれ : 寂しく暮れゆく ラインの流れ
  いりひにやまやま あかくはゆる  : 入日に山々 あかく栄ゆる

2 うるわしおとめの いわおにたちて : 美し少女の 巌頭に立ちて
  こがねのくしとり かみのみだれを : 黄金の櫛とり 髪の乱れを
  ときつつくちずさぶ うたのこえの : 梳きつつ口吟ぶ 歌の声の
  くすしきちからに たまもまよう  : 神怪き魔力に 魂も迷う

3 こぎゆくふなびと うたにあこがれ : こぎゆく舟びと 歌に憧れ
  いわねもみやらず あおげばやがて : 岩根も見為らず 仰げばやがて
  なみまにしずむる ひともふねも  : 浪間に沈むる ひとも舟も
  くすしきまがうた うたうローレライ: 神怪き魔歌 謡うローレライ


なじか ⇒ なぜか

栄(映)ゆる ⇒ 他のものと調和して、いっそう鮮やかに見える。引き立って見える。
                (出典元:古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典)

神怪き(くすしき) ⇒ あやしき

そぞろ ⇒ 心がそちらに動いてゆくようす。気の落ち着かないようす。

巌頭(いわお) ⇒ 岩の上、岩の頂上

ドイツのライン川に伝わる「ローレライ伝説」の歌で、そのメロディーの美しさから、
日本でも有名な曲です。

ドイツの有名な詩人「Heinrich Heine」(ハインリヒ・ハイネ)のローレライ伝説を
題材にした詩に、ドイツの作曲家「Friedrich Silcher」(フリードリヒ・ジル
ヒャー)が曲を付けました。

日本では、1909年(明治42年)発表の「女声唱歌」に掲載された近藤朔風の訳詞が
広く知られています。 




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain