童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

故郷を離るる歌

故郷を離るる歌

♫ そののさゆり なでしこ かきねのちぐさ ♪

f:id:ori-iro:20191203170215j:plain

 


  故郷を離るる歌            作詞:吉丸 一昌
                     ドイツ民謡
1番
そののさゆり なでしこ かきねのちぐさ : 園の小百合 撫子 垣根の千草
きょうはなれをながむる おわりのひなり : 今日は汝をながむる 最終の日なり
おもえばなみだ ひざをひたす      : おもえば涙 膝をひたす
さらばふるさと さらばふるさと     : さらば故郷 さらば故郷
さらばふるさと ふるさとさらば     : さらば故郷 故郷さらば

2番
つくしつみしおかべよ やしろのもりよ  : つくし摘みし岡辺よ 社の森よ
こぶなつりしおがわよ やなぎのどてよ  : 小鮒釣りし小川よ 柳の土手よ
わかるるわれを あわれとみよ      : 別るる我を 憐れと見よ
さらばふるさと さらばふるさと     : さらば故郷 さらば故郷
さらばふるさと ふるさとさらば     : さらば故郷 故郷さらば

3番
ここにたちてさらばと わかれをつげん  : 此処に立ちてさらばと 別れを告げん
やまのかげのふるさと しずかにねむれ  : 山の蔭の故郷 静かに眠れ
ゆうひはおちて たそがれたり      : 夕日は落ちて たそがれたり
さらばふるさと さらばふるさと     : さらば故郷 さらば故郷 
さらばふるさと ふるさとさらば     : さらば故郷 故郷さらば

 

(さらば故郷さらば故郷 故郷さらば = 繰り返し)

f:id:ori-iro:20191203171022j:plain


1913年(大正2年)の「新作唱歌 第五集」に掲載されました。

原曲は、ドイツ民謡「Der letzte Abend」(最後の夜)です。
家庭の事情で好きな女性と結婚できず、別れた最後の夜を嘆き悲しみながらも、その
女性の幸せを願うという悲しい恋を歌っています。

しかしこの吉丸 一昌の歌詞では、同じ別れでも故郷を離れていく気持ちを歌っていて、
明日は故郷を去らなければならない、その悲しい思いが切々と伝わってきます。

私も地元の高校を卒業して、故郷を後にした時のことが思い出されます。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー