にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

故郷の廃家

故郷の廃家

♫ いくとせふるさと きてみれば ♪

f:id:ori-iro:20191030204433j:plain


 

f:id:ori-iro:20200611210705p:plain


      故郷の廃家        作詞: 犬童球渓
                   作曲: William Shakespeare Hays

 

1 いくとせふるさと きてみれば  : 幾年ふるさと 来てみれば
  さくはななくとり そよぐかぜ  : 咲く花鳴く鳥 そよぐ風
  かどべのおがわの ささやきも  : 門辺の小川の ささやきも
  なれにしむかしに かわらねど  : なれにし昔に 変らねど
  あれたる わがいえに      : 荒れたる 我家に
  すむひと たえてなく      : 住む人 絶えてなく

2 むかしをかたるか そよぐかぜ  : 昔を語るか そよぐ風
  むかしをうつすか すめるみず  : 昔をうつすか 澄める水
  あさゆうかたみに てをとりて  : 朝夕かたみに 手をとりて
  あそびしともびと いまいずこ  : 遊びし友人 いまいずこ
  さびしき ふるさとや      : さびしき 故郷や
  さびしき わがいえや      : さびしき 我家や


門辺(かどべ) ⇒ 門の近くのこと
なれにし(馴れにし)⇒ 馴れ親しんだこと
かたみに(互に) ⇒ 互いに・かわるがわる
(出典元:weblio古語辞典)

 f:id:ori-iro:20191030204111j:plain

 
1907年(明治40年)に出版された「中等教育唱歌集」に、同じ作詞者の「旅愁」と
共に掲載されました。



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る