にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

汽車ぽっぽ

汽車ぽっぽ        (JASRAC 024-0040-5)

 

f:id:ori-iro:20191221061754j:plain



  汽車ぽっぽ           作詞:富原 薫
                  作曲:草川 信

 歌詞については、著作権保護期間中のために掲載を控えます。

1937年(昭和12年)にレコード用の童謡「兵隊さんの汽車」として発表されました。
歌詞も最初の1行以外は現在のものと大きく異なり、蒸気機関車(汽車)に乗って出征
する兵士を見送る内容のものでした。

作詞者の富原 薫は静岡県内(現在の御殿場市)で教員として働いており、旧陸軍の演
習場があった御殿場線の御殿場駅で見た光景を歌詞にしたということです。

後に童謡歌手の「川田正子」よるレコードが発売され、1945年(昭和20年)の大晦
日にNHKラジオの「紅白音楽試合」(NHK紅白歌合戦の前身)で川田によりこの曲が
歌われることになりました。

その際に終戦後の時代にあった内容への改作を依頼され、富原自身の手によって現在
の題名と歌詞に改められたということです。
(参考資料:Wikipedia)

f:id:ori-iro:20200516193205j:plain

この「汽車ぽっぽ」は「今は山中 今は浜」の「汽車」と供に、誰もが子供の頃には
歌ったことがあるのではないでしょうか。
また同じ題名の「汽車ポッポ」として、「本居長世」作詞作曲の歌もあります。
これも軽快で楽しい歌です。 



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る