にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

鎌 倉(かまくら)

鎌 倉

♫ しちりがはまの いそづたい ♪

f:id:ori-iro:20200122111323j:plain


 

f:id:ori-iro:20200610212740p:plain


    鎌 倉(かまくら)        作詞:芳賀 矢一
                     作曲者 不詳


1 しちりがはまの いそづたい  : 七里ヶ浜の いそ伝い
  いなむらがさき めいしょうの : 稲村ケ崎 名将の
  つるぎとうぜし こせんじょう : 剣投ぜし 古戦場

2 ごくらくじざか こえゆけば  : 極楽寺坂 越え行けば
  はせかんのんの どうちかく  : 長谷観音の 堂近く
  ろざのだいぶつ おわします  : 露坐の大仏 おわします

3 ゆいのはまべを みぎにみて  : 由比の浜べを 右に見て
  ゆきのしたむら すぎゆけば  : 雪の下村 過行けば
  はちまんぐうの おんやしろ  : 八幡宮の 御社

4 のぼるやいしの きざはしの  : 上るや石の きざはしの
  ひだりにたかき おおいちょう : 左に高き 大銀杏
  とわばやとおき よよのあと  : 問わばや遠き 世々の跡

5 わかみやどうの まいのそで  : 若宮堂の 舞の袖
  しずのおだまき くりかえし  : 倭文のおだまき くりかえし
  かえせしひとを しのびつつ  : かえせし人を しのびつつ

6 かまくらぐうに もうでては  : 鎌倉宮に もうでては
  つきせぬみこの みうらみに  : 尽きせぬ親王の みうらみに
  ひふんのなみだ わきぬべし  : 悲憤の涙 わきぬべし

7 れきしはながき しちひゃくねん: 歴史は長き 七百年
  こうぼうすべて ゆめににて  : 興亡すべて ゆめに似て
  えいゆうはかは こけむしぬ  : 英雄墓は こけ蒸しぬ

8 けんちょうえんがく ふるでらの: 建長円覚 古寺の
  さんもんたかき まつかぜに  : 山門高き 松風に
  むかしのおとや こもるらん  : 昔の音や こもるらん


4番 きざはし ⇒ 階段

5番 倭文(しず)⇒ カジノキや麻などを赤や青の色に染め、縞や乱れ模様を織り出
   した日本古代の織物。綾布(あやぬの)。倭文布(しずぬの)。倭文織(しずお)り。
                             (出典元:コトバンク)

   おだまき(苧環) ⇒ 麻糸を空洞の玉のように巻いたもの。おだま。
                        (出典元:コトバンク)


1910年(明治43年)「尋常小学読本唱歌」に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200122111549j:plain
                                 鶴岡八幡宮

昭和8年度改訂の「新訂尋常小学読本唱歌」にて、歌詞が一部変更されました。
3番 ※ 雪の下村 ⇒ 雪の下道
5番 ※ かえせし ⇒ かえしし

この歌は鎌倉の名所・旧跡を歌っています。
1番 名将とは「新田義貞」の事です。
   元弘の乱(1331~1333年)の時に、名刀を海に投じた、という伝えを歌って
   います。
2番 鎌倉の大仏
3番 鶴岡八幡宮
4番 鎌倉幕府の征夷大将軍であった「源 実朝」を、兄、頼家の息子である公暁が銀
   杏に隠れて待ち伏せし、刺殺したという故事による。
5番 義経の愛した「静御前」が頼朝に捕らわれた際に、義経を慕う舞を舞ったとい
   う。
6番 足利尊氏により幽閉、非業の死を遂げたとされる「大塔宮護良親王」のこと。
7番 英雄の墓とは「源 頼朝」の墓。



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る