唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

案山子(かかし)

案山子(かかし)

♫ やまだのなかの いっぽんあしのかかし ♪

f:id:ori-iro:20200117190724j:plain


 

f:id:ori-iro:20200610151303p:plain


       案山子           作詞・作曲:不詳


1 やまだのなかの いっぽんあしのかかし : 山田の中の 一本足の案山子
  てんきのよいのに みのかさつけて   : 天気のよいのに 蓑笠着けて
  あさからばんまで ただたちどおし   : 朝から晩まで ただ立ちどおし
  あるけないのか やまだのかかし    : 歩けないのか 山田の案山子

2 やまだのなかの いっぽんあしのかかし : 山田の中の 一本足の案山子
  ゆみやでおどして りきんでおれど   : 弓矢で威して 力んで居れど
  やまではからすが かあかとわらう   : 山では烏が かあかと笑う
  みみがないのか やまだのかかし    : 耳が無いのか 山田の案山子


1911年(明治44年)「尋常小学唱歌(二)」に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200117190943j:plain

「かかし」とは、もともと獣肉や毛、ぼろ布などを焼き、悪臭を放って鳥獣を寄せ付
けないようにしていたことから、「嗅がし」⇒「かがし」が正しいともいわれます。

どうして「案山子」と書くのかなど、調べてみるのも面白いですよ。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集