唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

カチューシャの唄

カチューシャの唄

♫ カチューシャかわいや わかれのつらさ ♪

f:id:ori-iro:20200125154905j:plain

 

f:id:ori-iro:20200610210851p:plain


     カチューシャの唄       作詞:島村 抱月・相馬 御風
                    作曲:中山 晋平


1 カチューシャ かわいや      : カチューシャ かわいや
  わかれの つらさ         : わかれの つらさ
  せめてあわゆき とけぬまと    : せめて淡雪 とけぬ間と
  かみにねがいを ららかけましょか : 神に願いを ララかけましょか

2 カチューシャ かわいや      : カチューシャ かわいや
  わかれの つらさ         : わかれの つらさ
  こよいひとよに ふるゆきの    : 今宵ひと夜に ふる雪の
  あすはのやまの ららみちかくせ  : 明日は野山の ララ道かくせ
  
3 カチューシャ かわいや      : カチューシャ かわいや
  わかれの つらさ         : わかれの つらさ
  せめてまたあう それまでは    : せめてまた逢う それまでは
  おなじすがたで ららいてたもれ  : 同じ姿で ララいてたもれ

4 カチューシャ かわいや      : カチューシャ かわいや 
  わかれの つらさ         : わかれの つらさ
  つらいわかれの なみだのひまに  : つらい別れの 涙のひまに
  かぜはのをふく ららひはくれる  : 風は野を吹く ララ日はくれる

5 カチューシャ かわいや      : カチューシャ かわいや 
  わかれの つらさ         : わかれの つらさ
  ひろいのはらを とぼとぼと    : ひろい野原を とぼとぼと
  ひとりでてゆく ららあすのたび  : 一人出て行く ララあすの旅


1914年(大正3年)に発表された日本の歌謡曲です。
劇団芸術座の「復活」の劇中歌として歌われました。

f:id:ori-iro:20200125155256j:plain

「復活」の主演女優であった松井須磨子の歌がレコード化され、大ヒットとなりまし
た。

作詞は島村抱月、相馬御風となっていますが、これは1番は島村抱月で2番以降は相馬
御風の作詞となっているようです。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集