にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

城ヶ島の雨

城ヶ島の雨

♫ あめはふるふる じょうがしまのいそに ♪

f:id:ori-iro:20200129103610j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200614152010p:plain

     城ヶ島の雨          作詞:北原 白秋
                    作曲:梁田 貞


あめはふるふる じょうがしまのいそに : 雨はふるふる 城ヶ島の磯に
りきゅうねずみの あめがふる     : 利休鼠の 雨がふる

あめはしんじゅか よあけのきりか   : 雨は真珠か 夜明けの霧か
それともわたしの しのびなき     : それとも私の 忍び泣き

ふねはゆくゆく とおりやのはなを   : 舟はゆくゆく 通り矢のはなを
ぬれてほあげた ぬしのふね      : 濡れて帆あげた ぬしの舟
 
ええ ふねはろでやる ろはうたでやる : ええ 舟は櫓でやる 櫓は唄でやる
うたはせんどうさんの こころいき   : 唄は船頭さんの 心意気

あめはふるふる ひはうすくもる    : 雨はふるふる 日はうす曇る
ふねはゆくゆく ほがかすむ      : 舟はゆくゆく 帆がかすむ
 

利休鼠 ⇒ 歌詞では「りきゅうねずみ」としてあるが、「りきゅうねず」と読み、緑色         がかった灰色のことをいいます。

茶人の千利休とは直接の関係はないが、抹茶のような色や、地味な色からの想像などから鼠色(ねずいろ)に近い緑がかった色を、そう呼ぶようになったようです。

通り矢のはな ⇒ 「通り矢」とは本土側の城ヶ島に面した場所の地名で、「はな」とは
        鼻先(はなさき)のことで、すぐ近くを、ということでしょう。


1913年(大正2年)10月30日に発表されました。

歌詞は北原白秋が三浦三崎に住んでいた、明治末頃の作品とされています。

f:id:ori-iro:20200129103741j:plain

作曲は梁田 貞(やなだ ただし)です。

大正2年10月30日、芸術座主催の演奏会でオリジナル曲を発表することになり、作曲
家と同時に歌手でもあった「梁田 貞」が白秋の詩に曲を付け、彼自身がそこで独唱し
て発表されました。

この曲を聞いただけで、彼の才能が想像できますね。
また彼自身が歌い手でもあったからこそ、この曲が生まれたと言っていいでしょう。 



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る