童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

田舎の冬

田舎の冬

♫ ましろにおくしも みねのゆき ♪

f:id:ori-iro:20191201131828j:plain

 


  田舎の冬                作詞:不詳
                      作曲:島崎赤太郎

 

1 ましろにおくしも みねのゆき    : ましろにおく霜 峰の雪
  しずかにさめくる むらのあさ    : しずかにさめくる 村の朝
  ほういほい ほういほい むらすずめ : ほういほい ほういほい むら雀
  かりだのかかしに ひのひかり    : かり田のかかしに ひの光

2 ひなたにつづるは ふるごろも    : ひなたにつづるは 古ごろも
  のきにはたるひの とくるおと    : 軒にはたるひの とくる音
  ほういほい ほういほい かんがらす : ほういほい ほういほい かん烏
  かどべのえだには かきふたつ    : 門辺の枝には 柿二つ

3 いろりにほだたく ゆうけむり    : いろりにほだたく 夕けむり
  かれのにかぜたち ひのくるる    : 枯野に風立ち 日のくるる
  ほういほい ほういほい わたりどり : ほういほい ほういほい 渡り鳥
  ちんじゅのはやしに やどかさん   : 鎮守の林に 宿かさん


むら雀 ⇒ 群れている雀。
かり田 ⇒ 稲を刈り取ったあとの田んぼ。
ひなたにつづるは 古ごろも ⇒ 日向に古い着物をぶら下げておくようす。
たるひ ⇒ 垂氷と書いて、雨や雪などの水滴が凍って垂れ下がった「つらら」のこと。
とくる ⇒融くると書く。融けること。
かん烏 ⇒ 寒烏のことで、冬の烏のこと。
ほだ ⇒ 榾(ほだ・ほた)と書き、囲炉裏や焚火などに使う木の枝などのこと。

f:id:ori-iro:20191201132133j:plain


1931年(昭和6年)「新尋常小学唱歌(五)」に掲載されました。

山の上は雪で白く染まり、柿の木に残った実が朝日に照らされて輝いている。
稲を刈り取った後の田んぼには、雀が群がり落穂をついばんでいる。

そんなのどかな冬の田舎の風景が、もの哀しいメロディーに乗って伝わってきます。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー