にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

一月一日

一月 一日(いちがつ いちじつ)

♫ としのはじめの ためしとて ♪

f:id:ori-iro:20191107105505j:plain

 

f:id:ori-iro:20200609123619p:plain


      一月一日        作詞: 千家 尊福
                  作曲: 上 真行

1 としのはじめの ためしとて  : 年のはじめの 例とて
  おわりなきよの めでたさを  : 終りなき世の めでたさを
  まつたけたてて かどごとに  : 松竹たてて 門ごとに
  いおうきょうこそ たのしけれ : 祝う今日こそ 楽しけれ

2 はつひのひかり さしいでて  : 初日のひかり さしいでて
  よもにかがやく けさのそら  : 四方に輝く 今朝の空
  きみがみかげに たぐえつつ  : 君がみかげに 比えつつ
  あおぎみるこそ とうとけれ  : 仰ぎ見るこそ 尊とけれ


一月一日(年の始めの ためしとて)は1893(明治26)年に文部省より発表され
ました。

例(ためし) ⇒ 以前からのやり方。しきたり。ならわし。慣習。
                     (出典元:コトバンク)

君がみかげ ⇒ (君とは天皇を表す)天皇の姿
(国歌・君が代の「君」も天皇を意味しています)

比(たぐ)える ⇒なぞらえる・比較する

f:id:ori-iro:20191107105617j:plain

歌詞の意味

1 元日の恒例行事として
  終わることのないこの世界を
  各家々で門松を立てて
  祝うことができるのはなんと楽しく、幸せな事か。

2 初日の光に照らされて
  四方が輝いている今朝の空を
  天皇陛下の姿を思いつつ
  仰ぎ見る事は 尊い 事です

尊い ⇒ 貴重な・高貴な・敬(うやま)う、などの意味です。

このように歌詞を現代風に分かりやすく書いてみましたが、本来の意味は天皇を崇拝
する歌なのです。
  
元々の1番の意味は以下のようになります。

元日の恒例行事として
天皇陛下の 御代 が絶えることなく繁栄し続けていることを
各家々で門松を立てて
祝うことができるのはなんと楽しく、幸せな事か

御代 ⇒ 天皇の治世。また、その在位の期間。天皇治下の年代、年数。
     または天皇そのものをいう。



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る