童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

ほととぎす(秋夜懐友)

ほととぎす(秋夜懐友)

♫ おぐらきよわを ひとりゆけば ♪

f:id:ori-iro:20191202150525j:plain

 

 


  ほととぎす           作詞:近藤朔風
                  作曲:William Thomas Wrighton

 

1 おぐらきよわを ひとりゆけば  : おぐらき夜半を 独りゆけば
  くもよりしばし つきはもれて  : 雲よりしばし 月はもれて
  ひとこえいずこ なくほととぎす : ひと声いずこ 鳴くほととぎす
  みかえるひまに すがたきえぬ  : 見かえる瞬間に 姿消えぬ
  ゆめかとばかり なおもゆけば  : 夢かとばかり 尚もゆけば
  またもゆくてに やみはおりぬ  : またも行手に 暗はおりぬ

2 わかれしともよ いまはいずこ  : 別れし友よ 今はいずこ
  こよいのつきに きみをおもえば : 今宵の月に 君を想えば
  こころはうつろ おもいできえず : 心は虚ろ 思い出消えず
  なやめるむねに かえるはかのひ : 悩める胸に 返るは彼の日
  ほしかげたより ともにかたりし : 星影たより ともに語りし
  むかしのことば いまぞしのぶ  : 昔の言葉 今ぞ偲ぶ


1909年(明治42年)の「女性唱歌」で発表されました。

原曲はイギリスの 劇作家、作曲家、作詞家でもあった、 Joseph Edwards Carpenter
(1813-1885)の詞に、William Thomas Wrighton(1816-1880)が曲をつけたもの
です。

原曲の題名は「Her bright smile haunts me still」で、去ってしまった恋人の輝く瞳
を忘れることができない、といった歌詞だそうです。

「ほととぎす」の歌詞は2番までですが、mp3データは3番まで作ってあるので、オリジナルの英語で挑戦してみてください。

オリジナルの歌詞

Her bright smile haunts me still(Joseph Edwards Carpenter)

(1)
'Tis years since last we met, And we may not meet again;
I have struggled to forget, But the struggle was in vain;
For her voice lives on the breeze, And her spirit comes at will;
In the midnight on the seas, Her bright smile haunts me still;
For her voice lives on the breeze, And her spirit comes at will;
In the midnight on the seas, Her bright smile haunts me still.
(2)
At the first sweet dawn of light, When I gaze upon the deep;
Her form still greets my sight, While the stars their vigils keep;
When I close mine aching eyes, Sweet dreams my senses fill;
And from sleep when I arise, Her bright smile haunts me still;
When I close mine aching eyes, Sweet dreams my senses fill;
And from sleep when I arise, Her bright smile haunts me still.
(3)
I have sailed ‘neath alien skies, I have trod the desert path;
I have seen the storm arise Like a giant in his wrath:
Every danger I have known, That a reckless life can fill;
Yet her presence is not flown, Her bright smile haunts me still.
Every danger I have known, That a reckless life can fill;
Yet her presence is not flown, Her bright smile haunts me still.

同じメロディーで、日本語の歌詞としては「ほととぎす=近藤朔風」、「秋夜懐友=
犬童球渓」、「消えぬおもかげ=志村建世」などがあります。

f:id:ori-iro:20191202150834j:plain


「ほととぎす」「秋夜懐友」はオリジナルの歌詞とは違って、友を懐かしむ内容と
なっています。

犬童球渓による「秋夜懐友」を記しておきます。

  秋夜懐友    作詞:犬童 球渓

1 たなれのおごと ともにかきなで : 手慣れの小琴 共にかき撫で
  すみゆくつきを めでしもいまは : 澄み行く月を めでしも今は
  ゆめとすぎつつ ともまたとおく : 夢と過ぎつつ 友また遠く
  われのみひとり さびしきまどに : 吾のみひとり 淋しき窓に
  かわらぬつきを ながめぞあかす : 変らぬ月を 眺めぞあかす
  とわたるかりよ おもいをはこべ : とわたる雁よ 思いを運べ

2 はしいのゆうべ てをとりかわし : 端居の夕べ 手をとりかわし
  ゆくすえまでも こよいのままと : 行く末までも 今宵のままと
  ちかいしものを そのともいまは : 誓いしものを その友今は
  うみやまとおき かなたのさとに : 海山遠き かなたの里に
  なきゆくかりを いかにかきける : なきゆく雁を いかにか聞ける
  みそらのつきよ おもかげうつせ : み空の月よ 俤うつせ
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー