童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

蛍の光

蛍の光

♫ ほたるのひかり まどのゆき ♪

f:id:ori-iro:20191031185459j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200618111245p:plain

      蛍の光         作詞者不詳
                  作曲: スコットランド民謡

1 ほたるのひかり まどのゆき : 蛍の光 窓の雪
  ふみよむつきひ かさねつつ : 書読む月日 重ねつつ
  いつしかとしも すぎのとを : 何時しか年も すぎの戸を
  あけてぞけさは わかれゆく : 開けてぞ今朝は 別れ行く

2 とまるもゆくも かぎりとて : 止まるも行くも 限りとて
  かたみにおもう ちよろずの : 互に思う 千万の
  こころのはしを ひとことに : 心の端を 一言に
  さきくとばかり うとうなり : 幸くと許り 歌うなり

3 つくしのきはみ みちのおく : 筑紫の極み 陸の奥
  うみやまとおく へだつとも : 海山遠く 隔つとも
  そのまごころは へだてなく : その真心は 隔て無く
  ひとつにつくせ、くにのため : 一つに尽くせ 国の為

4 ちしまのおくも おきなわも : 千島の奧も 沖繩も
  やしまのうちの まもりなり : 八洲の内の 護りなり
  いたらんくにに いさおしく : 至らん国に 勲しく
  つとめよわがせ つつがなく : 努めよ我が背 恙無く

 

f:id:ori-iro:20191031185822j:plain


「すぎの戸を」の「すぎ」は「杉」と「過ぎ」の両方を掛けた言葉のようです。

わがせ(我が夫・我が背 )
女性が,夫や恋人,または男性を親しみを込めて言う語。(出典元:weblio辞書)

1881年(明治14年)に尋常小学校の唱歌として小学唱歌集初編に載せられました。

卒業式には「仰げば尊し」と一緒に必ず歌われていましたが、最近では少なくなって
きたようです。 


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)