唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

蛍(ほたる)

蛍(ほたる)

♫ ほたるのやどは かわばたやなぎ ♪

f:id:ori-iro:20191216114938j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200618104230p:plain


      蛍(ほたる)        作詞:井上 赳
                    作曲:下総 皖一

1 ほたるのやどは かわばたやなぎ : 蛍のやどは 川ばた楊
  やなぎおぼろに ゆうやみよせて : 楊おぼろに 夕やみ寄せて
  かわのめだかが ゆめみるころは : 川の目高が 夢見る頃は
  ほ ほ ほたるが ひをともす  : ほ ほ ほたるが 灯をともす

2 かわかぜそよぐ やなぎもそよぐ : 川風そよぐ 楊もそよぐ
  そよぐやなぎに ほたるがゆれて : そよぐ楊に 蛍がゆれて
  やまのみかづき かくれるころは : 山の三日月 隠れる頃は
  ほ ほ ほたるが とんででる  : ほ ほ ほたるが 飛んで出る

3 かわらのおもは さつきのやみよ : 川原のおもは 五月の闇夜
  かなたこなたに ともよびつどい : かなたこなたに 友よび集い
  むれてほたるの おおまりこまり : むれて蛍の 大まり小まり
  ほ ほ ほたるが とんでいく  : ほ ほ ほたるが 飛んで行く

1932年(昭和7年)に「新訂尋常小学唱歌(3)」で発表された文部省唱歌です。

ここで使われている「楊(やなぎ)」とは「ネコヤナギ」「カワヤナギ」などの
しなだれないヤナギのことで、一般によく使われる「柳」は、「シダレヤナギ」
のことをいいます。

 ネコヤナギ(猫柳) 名前の由来は花が猫のしっぽのように見える事によります。

f:id:ori-iro:20191216115122j:plain

シダレヤナギ(枝垂柳)  枝の垂れている柳です。

f:id:ori-iro:20191216115140j:plain

3番の「川原のおも」とは、川原の表面、言うなれば「川原全体が」ということで良い
と思います。

私が子供の頃を過ごしたのは、田舎の小さな村でした。
蛍は時期になると家の庭や、すぐ前の田んぼにたくさん飛んでいました。
その田舎でも最近は蛍が少なくなり、あまり見られなくなったということです。

人間が多くなって蛍の棲める環境が少なくなっても、また逆に過疎になって人が住ま
なくなり、人の手が入らなくなった環境(本来の自然)でも蛍には棲みにくいようで
す。

適当に人の手の入った「里山(さとやま)」のような環境が一番なのでしょう。

今は各地で蛍を増やそうという取り組みが行われているようです、皆さんも機会が
あったら是非に大自然の中での蛍を見てください。イルミネーションとは違った美し
さに感動しますよ。 




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain