童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

春のうた

春のうた

♫ さくらのはなの さくころは ♪

f:id:ori-iro:20191210103019j:plain



  春のうた              作詞:野口 雨情
                    作曲:草川 信

1 さくらのはなの さくころは   : 桜の花の 咲く頃は
  うらら うららと ひはうらら  : うらら うららと 日はうらら
  がらすのまどさえ みなうらら  : ガラスの窓さえ みなうらら
  がっこうのにわさえ みなうらら : 学校の庭さえ みなうらら

2 かわらでひばりの なくころは  : 河原で雲雀の 鳴く頃は
  うらら うららと ひはうらら  : うらら うららと 日はうらら
  ちちやのうしさえ みなうらら  : 乳牛舎の牛さえ みなうらら
  とりやのとりさえ みなうらら  : 鶏舎の鶏さえ みなうらら

3 はたけになたねの さくころは  : 畑に菜種の 咲く頃は
  うらら うららと ひはうらら  : うらら うららと 日はうらら
  なぎさのすなさえ みなうらら  : 渚の砂さえ みなうらら
  どなたのかおさえ みなうらら  : どなたの顔さえ みなうらら

f:id:ori-iro:20191210103143j:plain


この歌の詩と曲は、1922年(大正11年)4月号の「少女号」に掲載されました。

春の陽気と光りに誘われて、見るもの全てが楽しそうに輝いて見える、そんな歌詞で
すね。

はるか昔のことになりますが、田舎の小学校の入学式に母に連れられて行きました。
その小学校の校門の脇に小さな桜の木があって、小さいながらもきれいな花を咲かせて
いました。その光景が思い出されます。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー