唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

浜千鳥(はまちどり)

浜千鳥(はまちどり)

♫ あおいつきよの はまべには ♪

f:id:ori-iro:20191210205502j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200902142659p:plain


      浜千鳥         作詞:鹿島 鳴秋
                  作曲:弘田 龍太郎

1 あおいつきよの はまべには : 青い月夜の 浜辺には
  おやをさがして なくとりが : 親を探して 鳴く鳥が
  なみのくにから うまれでる : 波の国から 生まれでる
  ぬれたつばさの ぎんのいろ : 濡れたつばさの 銀の色

2 よるなくとりの かなしさは : 夜鳴く鳥の 悲しさは
  おやをたずねて うみこえて : 親を尋ねて 海こえて
  つきよのくにへ きえてゆく : 月夜の国へ 消えてゆく
  ぎんのつばさの はまちどり : 銀のつばさの 浜千鳥 

 f:id:ori-iro:20191210205702j:plain

「浜千鳥」の初掲載は1920年(大正9年)1月号の「少女号」で、鹿島鳴秋が友人を
現在の新潟県柏崎市に訪ね、2人で番神海岸を散歩しているときに作られた詩だと
いうことです。

鹿島 鳴秋(かしま めいしゅう)について
1891年(明治24年)~ 1954年(昭和29年)
童謡詩人として、大正時代に清水かつら等とともに、主として雑誌『少女号』などに
童謡を発表しました。

代表的な作品は「浜千鳥」「金魚の昼寝」「お山のお猿」「おうち忘れて」などで、
これらの作曲は、すべて弘田 竜太郎によるものです。

ここからは柏崎市の紹介です、曲とは何の関係もありませんので悪しからず。

柏崎市の番神海岸一帯はきれいに整備されており、夏には海水浴客で賑わいます。
柏崎市には他にもたくさんの海水浴場があり、水質も良好です。

また海岸沿いには岩場もあり、魚釣りや絶景も楽しめます。
特に日本海に沈む真っ赤な夕日は素晴らしいですよ。

他にも毎年7月に行われる「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」は必見です。

長岡、片貝と共に「越後三大花火」として知られ、柏崎港の堤防を利用して打ち上げ
る花火で、三尺玉(1つの重さが280キロ、玉の直径は88.5センチ。開いたときの直
系は500メートルにもなります)の打ち上げや、広い海の舞台に、波打ち際から水面
に向かって打ち出す「海中空スターマイン」が海の柏崎の花火、最大の特徴です。

花火好きの方は是非一度行ってみてください。
          2020年 9月 2日 更新




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain