童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

冬の夜

 冬の夜

 ♫ ともしびちかく きぬぬう母は ♪

f:id:ori-iro:20191009141403j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200617181657p:plain

       冬の夜            作詞・作曲者:不詳

1 ともしびちかく きぬぬうははは   : 燈火ちかく 衣縫う母は
  はるのあそびの たのしさかたる   : 春の遊びの 楽しさ語る
  いならぶこどもは ゆびをおりつつ  : 居並ぶ子どもは 指を折りつつ
  ひかずかぞえて よろこびいさむ   : 日数かぞえて 喜び勇む
  いろりびはとろとろ そとはふぶき  : 囲炉裏火はとろとろ 外は吹雪

2 いろりのはたに なわなうちちは   : 囲炉裏の端に 縄なう父は  
  すぎしいくさの てがらをかたる   : 過ぎしいくさの 手柄を語る
  いならぶこどもは ねむさわすれて  : 居並ぶ子供は ねむさ忘れて
  みみをかたむけ こぶしをにぎる   : 耳を傾け こぶしを握る
  いろりびはとろとろ そとはふぶき  : 囲炉裏火はとろとろ 外は吹雪

 f:id:ori-iro:20191009142243j:plain

1912年(明治45)年、『尋常小学唱歌 第三学年用』に発表されました。

まだラジオすらなかった頃の、冬の農家の夜を歌っています。

母は囲炉裏の近くで裁縫をしながら、春になってからの楽しい遊びを子どもたちと
話しています。
またあるときはとろとろと燃えている囲炉裏の端で、父は縄をないながら子供たち
を相手に戦争の手柄話をしている、その話に子供たちは眠さも忘れて聞き入ってい
ます。

当時の情景をそのままに書いた、わかりやすい歌詞です。
「囲炉裏火はとろとろ」という言葉が、部屋の暖かさのみならず、ほのぼのとした
家族の雰囲気を出していると思います。


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)