童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

どんぐりころころ

どんぐりころころ

♫ どんぐりころころ どんぶりこ ♪

f:id:ori-iro:20200114162727j:plain




  どんぐりころころ           作詞:青木 存義
                     作曲:梁田 貞


1 どんぐりころころ どんぶりこ     : どんぐりころころ ドンブリコ
  おいけにはまって さあたいへん    : お池にはまって さあ大変
  どじょうがでてきて こんにちは    : どじょうが出て来て 今日は
  ぼっちゃんいっしょに あそびましょう : 坊っちゃん一緒に 遊びましょう

2 どんぐりころころ よろこんで     : どんぐりころころ よろこんで
  しばらくいっしょに あそんだが    : しばらく一緒に 遊んだが
  やっぱりおやまが こいしいと     : やっぱりお山が 恋しいと
  ないてはどじょうを こまらせた    : 泣いてはどじょうを 困らせた


1921年(大正10年)「かわいい唱歌」に掲載されました。

皆さんご存知の歌でしょう。
さてこの後、泣いていた「どんぐり」はどうなるのでしょうか。

悲しいままで終わりになっている歌詞ですが、一説によると作詞の青木存義は「あえ
て3番をつくらなかった」ともいわれています。

それは「その後のことは子供たちに自由に発想してほしい」、と考えたからというの
です。

f:id:ori-iro:20200114162330j:plain

しかし「幻の3番」が現れたのです。

(これより先は Wikipedia・どんぐりころころ からの引用です)

「幻の3番」の歌詞

どんぐりころころ 泣いてたら
仲良しこりすが とんできて
落ち葉にくるんで おんぶして
急いでお山に 連れてった

平成期になってから、上記のような幻の3番が存在するとの噂が徐々に広まり出した。
坊ちゃんが泣いたまま終わってしまう2番の歌詞から一転、温かみのある大団円を迎え
るこの3番は、青木の母校である松島第五小学校において「いつからか歌い継がれてい
た」ことも相まって、「幻の3番」としてテレビや新聞等でしばしば取り上げられ知名
度を上げた。

しかし、実際にはこの3番は青木とは無関係であり、これは作曲家の岩河三郎が1986
年(昭和61年)に3部合唱曲用に本作品を編曲した際に付け足したものである。岩河
は作成時に権利関係の届出を行わなかったため、いつからか作者不詳扱いとなってし
まっていた。

2004年(平成16年)にNHKの取材に応じた岩河は「童謡はお母さんの愛情を感じさ
せる音楽だと思います。母の愛情を表現するために、3番を作りました」と付け足した
理由を語っている。3番で重要な役目を果たすリスは歌詞に「お母さん的愛情をプラ
ス」させるために登場させたのだという。

朝日新聞平成23年10月6日号朝刊の特集では「楽しんで歌ってもらえれば、と思い3
番を作った。80歳を過ぎたが、音楽を通じて皆さんに喜んでもらえてうれしい。元気
を出してほしい」と語っている。
(出典元:Wikipedia どんぐりころころ)

ドングリはリスの大好物、食べてしまわないのでしょうか。
ちょっと発想を膨らませすぎたかな。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー