にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

蝶々(ちょうちょう)

蝶々(ちょうちょう)

♫ ちょうちょう ちょうちょう なのはにとまれ♪

f:id:ori-iro:20200107221038j:plain

 

f:id:ori-iro:20200615143224p:plain

  蝶々(ちょうちょう)          作詞:野村秋足
                      作曲:ドイツ童謡

1 ちょうちょう ちょうちょう     : ちょうちょう ちょうちょう
  なのはにとまれ           : 菜の葉にとまれ
  なのはにあいたら さくらにとまれ  : 菜の葉に飽いたら 桜にとまれ
  さくらのはなの はなからはなへ   : 桜の花の 花から花へ
  とまれよあそべ あそべよとまれ   : とまれよ遊べ 遊べよとまれ

(上記 1947年 改作版)
  
原曲はドイツの古い童謡「Hänschen klein」(訳:「幼いハンス」)とされています。
1875年(明治8年)から1878年(明治11年)まで米国へ留学した教育学者・伊沢修
二がブリッジウォーター師範学校でルーサー・メーソン」よりこの曲を教わり、日本
紹介したのではないかと推測されています。

ルーサー・メーソン
アメリカ合衆国の音楽教育者。明治初期に日本政府が招聘(しょうへい)した外国人
の一人であり、1880年から1882年まで文部省音楽取調掛で西洋音楽の指導を行いま
した。

なお、曲については伊沢が「原曲はスペイン民謡」として紹介したことから、長らく
疑義が挟まれることは無く、近年まで多くの文献に「作曲:スペイン民謡」と掲載さ
れていました。

1881年(明治14年)の「小学唱歌集」に「野村秋足」の作詞で掲載されましたが
(2番の作詞は蛍の光などで知られる「稲垣千頴」)、1896年(明治29年)に発行さ
れた『新編 教育唱歌集』では3・4番も追加されています。
(3・4番は作詞者不明となっています)

f:id:ori-iro:20200107221105j:plain

1947年の改作
現在、一般に歌われているバージョンは太平洋戦争終結後の1947年(昭和22年)に
文部省が発行した「一ねんせいのおんがく」において野村が作詞した原曲を改作する
と共に、2番以下を廃止したものです。この改作に関しては「栄ゆる御代に」はGHQ
が教育現場からの排除を主張していた皇室賛美と取られるフレーズであること、2番以
下の廃止は表題の「ちょうちょう」と無関係な鳥や昆虫に関する描写を排除して、曲
の主題を明確にしたものとされています。

1896年(明治29年)「新編 教育唱歌集」版

1 蝶々 蝶々 菜の葉に止れ
  菜の葉に飽たら 桜に遊べ
  桜の花の 栄ゆる御代に
  止れや遊べ 遊べや止れ    (野村秋足:作詞)

2 おきよ おきよ ねぐらの雀
  朝日の光の さきこぬさきに
  ねぐらをいでて 梢にとまり
  あそべよ雀 うたへよ雀    (稲垣千頴:作詞)

3 蜻蛉(とんぼ) 蜻蛉 こちきて止まれ
  垣根の秋草 いまこそ盛り
  さかりの萩に 羽うち休め
  止まれや止まれ 休めや休め   (作詞者不明)

4 燕(つばめ) 燕 飛びこよ燕
  古巣を忘れず 今年もここに
  かへりし心 なつかし嬉し
  とびこよ燕 かへれや燕     (作詞者不明)
                    (参考資料:Wikipedia)



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る