唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

茶摘

茶摘

  ♫ なつもちかづく はちじゅうはちや  ♪

 

f:id:ori-iro:20191008141201j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200615135106p:plain


       茶摘            作詞・作曲者 : 不詳

1 なつもちかづく はちじゅうはちや : 夏も近づく 八十八夜
  のにもやまにも わかばがしげる  : 野にも山にも 若葉が茂る
  あれにみえるは ちゃつみじゃないか: あれに見えるは 茶摘じゃないか
  あかねだすきに すげのかさ    : あかねだすきに 菅の笠

2 ひよりつづきの きょうこのごろを : 日和つづきの 今日この頃を
  こころのどかに つみつつうたう  : 心のどかに 摘みつつ歌う
  つめよつめつめ つまねばならぬ  : 摘めよ摘め摘め 摘まねばならぬ
  つまにゃにほんの ちゃにならぬ  : 摘まにゃ日本の 茶にならぬ

f:id:ori-iro:20191008141229j:plain

 

1912年(明治45年)の「尋常小学唱歌 第三学年用」に載せられました。
2007年には「日本の歌百選」に選定されています。

① 八十八夜
立春から数えて 88日目で,現行暦では5月2日頃にあたる。八十八夜を過ぎればも
はや晩霜も終りになるので,農家ではこれを種まきや茶摘み,その他の農作業開始
の基準としている。出典元:コトバンク

② あかねだすき
茜(あかね=アカネ科の多年草)の根で染めた赤色の「たすき」のことです。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集