唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

あした

あした

♫ おかあさま なかずにねんね いたしましょ ♪

f:id:ori-iro:20200120215939j:plain


 

f:id:ori-iro:20200608150922p:plain


      あした           作詞:清水 かつら
                    作曲:弘田 龍太郎

1 お母さま 
  泣かずにねんね いたしましょ
  赤いお船で 父さまの 
  かえるあしたを たのしみに

2 お母さま
  泣かずにねんね いたしましょ
  あしたの朝は 浜に出て
  かえるお船を 待ちましょう

3 お母さま
  泣かずにねんね いたしましょ
  赤いお船の おみやげは
  あの父さまの わらい顔


1920年(大正9年) 「少女号」に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200120220040j:plain

船乗りの父親が帰って来るのを、母と子供が待っている、そんな歌かなと思ったので
すが、どうも違うようです。

お母さまが泣いている、それを子供が慰めているような歌詞です。
1番の「父さまの帰るあした」、とは「明日」ではなくて、いつかそうであって欲しい、という気持ちの「あした」ではないか、と思えてきます。

2番は、いつ来るかわからない船を浜に出て待っていましょう、そんなふうにも感じら
れます。

3番は、子供の思うお土産は、人形やお菓子などでしょう。
それが「父さまの笑い顔」となっているのはどうしてなんでしょう。

考え方によって、いろいろな意味に感じ取れる歌詞だと思います、普通に父親を待っ
ているだけなら、こういった歌詞にはならないと思います。

悲しい雰囲気の歌ですね。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集