唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

仰げば尊し

仰げば尊し

   ♫ あおげばとうとし わがしのおん ♪

f:id:ori-iro:20190930133215j:plain


   

 

f:id:ori-iro:20200608115925p:plain

 

     仰げば尊し         作詞・作曲:不詳

1 あおげばとうとし わがしのおん : 仰げば尊し 我が師の恩
  おしえのにわにも はやいくとせ : 教の庭にも はや幾年
  おもえばいととし このとしつき : 思えばいと疾し この年月
  いまこそわかれめ いざさらば  : 今こそ別れめ いざさらば

2 たがいにむつみし ひごろのおん : 互に睦し 日頃の恩
  わかるるのちにも やよわするな : 別るる後にも やよ忘るな
  みをたてなをあげ やよはげめよ : 身を立て名をあげ やよ励めよ
  いまこそわかれめ いざさらば  : 今こそ別れめ いざさらば

3 あさゆうなれにし まなびのまど : 朝夕馴にし 学びの窓
  ほたるのともしび つむしらゆき : 蛍の灯火 積む白雪
  わするるまぞなき ゆくとしつき : 忘るる間ぞなき ゆく年月
  いまこそわかれめ いざさらば  : 今こそ別れめ いざさらば

 

注釈

いと疾し=早いこと・きわめて早いことを意味します。

「思えばいと疾し この年月」の意味は「学校で学んでいた年月の、なんと早
く過ぎ去ったことか」と、こんな意味になるのでしょう。

 

f:id:ori-iro:20190930133825j:plain

  卒業式の定番でした

昭和の頃は、卒業式といえば必ずこの歌でした。
校歌では泣かなくても、この歌が始まるとすすり泣きが聞こえてきたものです。

作詞・作曲者不詳となっていますが、最近の研究で次第に分かってきたことも
あるようです。ここでは触れませんが、興味のある人は調べてみるのも面白そ
うです。                          




⇒   懐かしい 童謡・唱歌 のCDと本のご紹介です  

       f:id:ori-iro:20201019105622p:plain