童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

青葉の笛

青葉の笛

♫ いちのたにの いくさやぶれ ♪

f:id:ori-iro:20191212171851j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200608131538p:plain


       青葉の笛           作詞:大和田 建樹
                      作曲:田村 虎蔵

1 いちのたにの いくさやぶれ    : 一の谷の 軍破れ
  うたれしへいけの きんだちあわれ : 討たれし平家の 公達あわれ
  あかつきさむき すまのあらしに  : 暁寒き 須磨の嵐に
  きこえしはこれか あおばのふえ  : 聞こえしはこれか 青葉の笛

2 ふくるよわに かどをたたき    : 更くる夜半に 門を敲き
  わがしにたくせし ことのはあわれ : わが師に託せし 言の葉哀れ
  いまわのきわまで もちしえびらに : 今わの際まで 持ちし箙に
  のこれるは「はなやこよい」のうた : 残れるは「花や今宵」の歌

この「青葉の笛」は、「一の谷の戦」で、源氏に討たれた平家の公達二人のことを書
いています。

公達(きんだち)とは
本来は諸王のことを指したが、後代には臣籍にある諸王の子弟や、摂家・清華家など
の子弟・子女に対する呼称として用いられました。
平安時代末期には、特に平家の子弟・子女のことをそう呼んでいたそうです。

f:id:ori-iro:20191212172108j:plain

歌詞の内容は以下のようになります。

1番
笛の名手であった「平 敦盛」が、源氏の武将「熊谷直実」に討たれた場面を書いてい
ます。直実は相手の敦盛が息子と同じ年頃の、まだ少年だと気づいて討ちとるのをた
めらうが、泣く泣く討ちとります。

そして討ちとった少年、敦盛の腰の笛を見て、「さては昨夜の澄んだ笛の音の主だっ
たのか」、と気づくのです。

2番
「平 忠度」が都落ちの途中で、歌の師匠である「藤原俊成」に自分の歌を託して去っ
た事と、討たれたときに「箙(えびら=矢を入れて背に負う道具)」
「行き暮れて 木の下蔭を 宿とせば 花や今宵の あるじならまし」の歌が結び付
けられていたことが書かれています。

神戸市須磨区の須磨寺には、青葉の笛が伝わっているそうですよ。


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)