唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

一寸法師(いっすんぼうし)

一寸法師(いっすんぼうし)

♫ ゆびにたりない いっすんぼうし ♪

f:id:ori-iro:20200116182013j:plain


  

f:id:ori-iro:20200609114345p:plain



       一寸法師            作詞:巌谷 小波
                       作曲:田村 虎蔵


 ゆびにたりない いっすんぼうし    : 指に足りない 一寸法師
 ちいさいからだに おおきなのぞみ   : 小さい体に 大きな望み
 おわんのふねに はしのかい      : お椀の舟に 箸の櫂
 きょうへはるばる のぼりゆく     : 京へはるばる 上り行く


 きょうはさんじょうの だいじんどのに : 京は三条の 大臣殿に
 かかえられたる いっすんぼうし    : 抱えられたる 一寸法師
 ほうしほうしと おきにいり      : 法師法師と お気に入り
 ひめのおともで きよみずへ      : 姫のお伴で 清水へ


 さてもかえりの きよみずざかに    : さても帰りの 清水坂に
 おにがいっぴき あらわれいでて    : 鬼が一匹 現われ出でて
 くってかかれば そのくちへ      : 食ってかかれば その口へ
 ほうしたちまち おどりこむ      : 法師たちまち 躍り込む


 はりのたちをば さかてにもって    : 針の太刀をば 逆手に持って
 ちくりちくりと はらじゅうつけば   : ちくりちくりと 腹中突けば
 おにはほうしを はきだして      : 鬼は法師を はき出して
 いっしょうけんめい にげてゆく    : 一生懸命 逃げて行く


 おにがわすれた うちでのこづち    : 鬼が忘れた 打出の小槌
 うてばふしぎや いっすんぼうし    : 打てば不思議や 一寸法師
 ひとうちごとに せがのびて      : 一打ち毎に 背が伸びて
 いまはりっぱな おおおとこ      : 今は立派な 大男  

    

1905年(明治38年)「尋常小学唱歌(二の中)」に掲載されました。

日本のお伽話で、今に伝わる一般的な物語は、「御伽草子」に掲載されているものが
元となっています。

f:id:ori-iro:20200116182535j:plain


一寸法師のお伽話

昔、昔あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました。
子供のない二人は毎日子供が授かるよう神様に祈っていたところ、驚いたことに子供
を授かることができました。

しかし、産まれた子供はたいへんに小さく、一寸にも満たない男の子でした。
一寸法師と名付けられたその子は、何年たっても大きくなりません。

しかしある日のこと、一寸法師は武士になるために京へ行きたいと言い、お爺さん、
お婆さんに頼んで、お椀の舟と箸の櫂、それに針の刀をもらって川から旅に出たので
す。

やがて京に着いた一寸法師は、大きな立派な家で働かせてもらうことができました。
その家の娘のお伴で宮参りの旅をしている時に、鬼が現われて娘をさらおうとします。
一寸法師が娘を守ろうとしますが、鬼は一寸法師を飲み込んでしまいます。

飲み込まれた一寸法師は鬼の腹の中を、所かまわずに針の刀で突き刺しました。
鬼はその痛みにとうとう降参して、一寸法師を吐き出すと山へ逃げてしまったのです。

その時に鬼が落としていった「打出の小槌」を振ると、不思議なことに一寸法師の体
が大きくなったのです。

そして立派な若者になった一寸法師はその娘と結婚して、望みどおりに立派な武士と
なって幸せに暮らしたということです。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集