童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

三才女(さんさいじょ)

三才女(さんさいじょ)

 

♫ いろかもふかき こうばいの ♪

f:id:ori-iro:20200224093458j:plain



  三才女(さんさいじょ)      作詞:芳賀 矢一
                   作曲:岡野 貞一


1 いろかもふかき こうばいの  : 色香も深き 紅梅の
  えだにむすびて ちょくなれば : 枝にむすびて 勅なれば
  いともかしこし うぐいすの  : いともかしこし 鶯の
  とわばいかにと くもいまで  : 問わば如何にと 雲居まで
  きこえあげたる ことのはは  : 聞え上げたる 言の葉は
  いくよのはるか かおるらん  : 幾代の春か かおるらん

2 みすのうちより みやびとの  : みすのうちより 宮人の
  そでひきとめて おおえやま  : 袖引止めて 大江山
  いくののみちの とおければ  : いく野の道の 遠ければ
  ふみみずといいし ことのはは : ふみ見ずといいし 言の葉は
  あまのはしだて すえかけて  : 天の橋立 末かけて
  のちのよながく くちざらん  : 後の世永く 朽ちざらん

3 きさいのみやの おおせごと  : 后の宮の 仰言
  みこえのもとに いにしえの  : 御声のもとに 古の
  ならのみやこの やえざくら  : 奈良の都の 八重桜
  きょうここのえに においぬと : 今日九重に においぬと
  つこうまつりし ことのはの  : つこうまつりし 言の葉の
  はなはちとせも ちらざらん  : 花は千歳も 散らざらん


1910年(明治43年) 「尋常小学読本唱歌」に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200224093602j:plain

平安時代の、三人の才女が詠んだ歌をもとにしている歌です。
一番は紀内侍(きのないし)、二番は小式部内侍(こしきぶのないし)、三番は伊勢
大輔(いせのたいふ)の詠んだ歌を題材にしています。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー