にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

散歩唱歌

散歩唱歌

 

♫ きたれやともよ うちつれて ♪

f:id:ori-iro:20200312120227j:plain


 

f:id:ori-iro:20200612210858p:plain

    散歩唱歌            作詞:大和田 建樹
                    作曲:多 梅稚


1 きたれやともよ うちつれて  : 来れや友よ 打つれて
  ゆかいにきょうは さんぽせん : 愉快に今日は 散歩せん
  ひはあたたかく くもはれて  : 日は暖かく 雲はれて
  けしきすぐれて よきのべに  : けしき勝れて よき野辺に

2 くうきのきよき のにいでて  : 空気の清き 野にいでて
  しょうかうたわん もろともに : 唱歌うたわん もろともに
  いそげ はなあるところまで  : 急げ 花ある処まで
  いそげ はなつむところまで  : 急げ 花つむ処まで

3 みかえるあとに かすみつつ  : 見返るあとに 霞みつつ
  たてるは むらのまつのかげ  : 立てるは 村の松の影
  われゆくさきに ここちよく  : 吾行く先に 心地よく
  おどるは かわのみずのこえ  : 躍るは 川の水の声


この歌の歌詞は「春(15番)」「夏(10番)」「秋(15番)」「冬(10番)」まで
とあります。そうです、全部で50番まであるのです。(ここでは以下省略します)
大好評だった自身の作「鉄道唱歌」にあやかったものかもしれません。

この作品は1901年(明治34年)に、一枚楽譜として発表されました。

f:id:ori-iro:20191122115355j:plain

また、多 梅稚(おおの うめわか)作曲のこの曲に「勝承夫(かつ・よしお)」の歌
詞を付けた「さんぽ」も昭和22年、文部省発行の「二ねんせいのおんがく」で発表さ
れています。

これについては「著作権保護期間中」のため、掲載を控えます。

多 梅稚(おおの うめわか) 1869年(明治2年)~ 大正9年(1920年)
日本の音楽教育者、作曲家、チェリストでもありました。



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る