にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

近江八景(文部省唱歌)

近江八景(文部省唱歌 ) 

♫ 琵琶の形に 似たりとて ♪

f:id:ori-iro:20200627115102j:plain

 

f:id:ori-iro:20200627181458p:plain

      近江八景        文部省唱歌

1 びわのかたちに にたりとて : 琵琶の形に 似たりとて
  そのなをおへる みずうみの : 其の名をおへる 湖の
  かがみのごとき みずのおも : 鏡の如き 水の面
  あかぬながめは やつのけい : あかぬながめは 八つの景

2 まづわたりみん せたのはし : まづ渡り見ん 瀬田の橋
  かがやくいりひ うつくしや : かがやく入日 美しや
  あわづのまつの いろはえて : 粟津の松の 色はえて
  かすまぬそらの のどけさよ : かすまぬ空の のどけさよ

3 いしやまでらの あきのつき : 石山寺の 秋の月
  くもをさまりて かげきよし : 雲をさまりて かげ清し
  はるよりさきに さくはなは : 春より先に 咲く花は
  ひらのたかねの くれのゆき : 比良の高ねの 暮の雪

4 しがからさきの ひとつまつ : 滋賀唐崎の 一つ松
  よるのあめにぞ なをえたる : 夜の雨にぞ 名を得たる
  かただのうらの うきみどう : 堅田の浦の 浮御堂
  おちくるかりも ふぜいあり : 落来るかりも ふぜいあり

5 みつよついつつ うちつれて : 三つ四つ五つ うち連れて
  やばせをさして かえりゆく : 矢走をさして 帰り行く
  しらほをおくる ゆうかぜに : 白帆を送る 夕風に
  こえほどちかし みいのかね : 聲程近し 三井のかね


1910年(明治43年) 「尋常小学読本唱歌」に掲載されました。

尚、1896年(明治29年)「新編教育唱歌集(七)」に掲載された、同名別曲もあ
ります。 同名異曲には ここから 移動します。

近江八景とは
琵琶湖の八つの景勝地のことで、中国の洞庭湖の瀟湘 八景にならって選んだということです。石山の秋月、比良の暮雪、瀬田の夕照、矢橋 (やばせ) の帰帆、三井 の晩鐘、唐崎の夜雨、堅田 の落雁、粟津 の晴嵐です。

歌川広重、葛飾北斎、鳥居清信等の多くの浮世絵師がこの近江八景を題材にした作品を発表していますが、その中でも歌川広重の作品が特に有名です。



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る