童謡・唱歌 心のうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

森の歌

森の歌 

♫ 森の老木は こずえに幹に ♪

f:id:ori-iro:20200505162435j:plain


 

f:id:ori-iro:20200618220619p:plain

       森の歌           文部省唱歌

1 もりのおいきは こずえにみきに  : 森の老木は こずえに幹に
  かみよながらの しんぴをこめて  : 神代ながらの 神秘をこめて
  いとおごそかに しずまりたてり  : いとおごそかに 静まり立てり
  ふしぎやこだまは こだまをよびて : ふしぎや木霊は 木霊を呼びて
  もりのひめごと かたるときけば  : 森のひめごと 語ると聞けば
  あらず こづたうとりのこえ    : あらず 木傳う鳥の聲

2 もりのしたみち たどりてゆけば  : 森の下道 たどりて行けば
  しばしこのまの くらさははれて  : しばし木の間の 暗さは晴れて
  ふとみるかなた いずみはほがら  : ふと見るかなた 泉はほがら
  ふしぎややまひめ ほほえみたちて : ふしぎや山姫 ほほえみ立ちて
  みずにすがたを うつすとみれ   : 水に姿を うつすと見れば
  あらず ひともとゆりのはな    : あらず 一もと百合の花


木霊(こだま) ⇒ 樹木に宿る精霊。木の精。
         山や谷で声や音が反響して聞こえてくる現象(山びこ)もこの精
         霊の仕業とされ、木霊(こだま)とも呼ぶ。

木傳う(こづたう)⇒ 木を伝う(木から木へ移動する)こと。

ほがら(朗ら) ⇒ 朗らかなこと=明るく光るようす・広く開けて明るいようす。
                                 以上参考資料:goo辞書
一もと ⇒ 一本

1933年(昭和8年)「新訂尋常小学唱歌 (第六学年用)」に掲載されました。 

森の中で一人じっとしていて、自分も森の中に溶け込んだと意識した時に感じる、
そんな歌詞ですね。


新鮮で美味しく、安全・安心な食材をお届けします。
厳選した旬の食材と共にレシピもお届けします。
このお得な「おためしセット」をぜひご利用ください。

Oisix(おいしっくす)        Oisix(おいしっくす)