童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

森の娘

森の娘

 

♫ どこから私ゃ 来たのやら ♪

f:id:ori-iro:20200509094048j:plain



    森の娘             作詞:島村 抱月・楠山 正雄
                    作曲:中山 晋平

1 どこからわたしゃ きたのやら : どこから私ゃ 来たのやら
  いつまたどこへ かえるやら  : 何時またどこへ 帰るやら
  さいてはしぼむ はなじゃやら : 咲いてはしぼむ 花じゃやら
  むれてはあそぶ ことりやら  : 群れてはあそぶ 小鳥やら

2 ことりがもりに さえずれば  : 小鳥が森に さえずれば
  かあさんしらぬ こいしさよ  : 母さん知らぬ 恋しさよ
  はなさくはるも すぎゆけば  : 花咲く春も すぎゆけば
  とうさんあわぬ なつかしさ  : 父さんあわぬ 懐かしさ

3 ふたおやしらぬ いえもなき  : 二親知らぬ 家もなき
  わたしはもりの むすめにて  : 私は森の 娘にて
  こがねのかみを すきながら  : 黄金の髪を すきながら
  ことりやはなと くらそもの  : 小鳥や花と くらそもの

 

 1918年(大正7年)9月、芸術座の第10回公演の戯曲「沈鐘」の序幕で、森の姫
(松井須磨子)が、春の泉のほとりで歌う歌です。

2番、3番の歌詞などは、そのまま音楽の教科書に載せても良いようですね。
曲も中山晋平らしく、優しく美しいメロディーで覚えやすいです。


童謡と愛唱歌などの本、CDのご案内です。見るのも楽しいですよ。     

 

楽天市場 で探す    Amazon で探す   Yahooショッピング で探す



童謡・唱歌などのCDや本のご案内です。

手元に置いて口ずさんだりギターで弾いてみたり、静かに聞きながらのお昼寝など
楽しみ方もいろいろです、ぜひご覧ください。