童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

索 引

索 引

 f:id:ori-iro:20191016192312j:plain

あ行                top

青い眼の人形
仰げば尊し(あおげばとうとし)
青葉茂れる桜井の(桜井の訣別)
青葉の笛
赤い靴
赤い鳥 小鳥
赤い帽子 白い帽子
赤とんぼ
秋のあわれ
秋の山

朝日は昇りぬ
あした
あの町この町

あめふり
雨降りお月(雲の蔭)
あわて床屋
哀れの少女
あんたがたどこさ
池の鯉(いけのこい)
一寸法師
一月 一日(いちがつ いちじつ)
五木の子守唄
田舎の四季(いなかのしき)
田舎の冬
うさぎ
うさぎとかめ
兎のダンス(うさぎのダンス)
牛若丸
美しき天然(うつくしき てんねん)

梅に鶯(うめにうぐいす)
梅の小枝
浦島太郎
うれしいひな祭り
お家忘れて
近江八景(おうみはっけい)
お正月
朧月夜(おぼろづきよ) 
おもちゃのマーチ
お山のお猿

か行              top

案山子(かかし)
かごめ かごめ
霞か雲か(かすみかくもか)
風(かぜ)
肩たたき
かたつむり
カチューシャの唄
かなりや(歌を忘れたカナリヤ)
鎌 倉(かまくら)
かもめの水兵さん
からたちの花
菅 公(かんこう)
汽車
汽車ぽっぽ
汽車ポッポ(お山の中行く汽車ポッポ)
君恋し
漁業の歌
金魚の昼寝
きんたろう
九段の母(くだんのはは)
靴が鳴る
恋の鳥
こいのぼり(やねよりたかい こいのぼり)
鯉のぼり(いらかのなみと くものなみ)
荒城の月(こうじょうのつき)
こうま
黄金虫(こがねむし)
故郷の空(こきょうのそら)
故郷の廃家(こきょうのはいか)
故郷を離るる歌
木の葉(このは)
木の葉のお船
この道
こもりうた(江戸子守唄)
ゴンドラの唄 

さ行                 top

才女(さいじょ)
さくら さくら
さすらいの唄
里ごころ
三才女(さんさいじょ)
散歩唱歌(さんぽ)
叱られて
四季の雨
四季の月
七里ヶ浜の哀歌(真白き富士の根)
しゃぼん玉
シューベルトのセレナーデ
証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)
十五夜お月さん
城ヶ島の雨
砂山
ずいずいずっころばし
背くらべ
船頭小唄
船頭さん
早春賦

た行                  top

 大黒様(だいこくさま)
田 植(たうえ)
竹田の子守唄
たこの歌
たなばたさま
旅人の唄
俵はごろごろ
茶摘み(ちゃつみ)
中国地方の子守唄
蝶々(ちょうちょう)
追憶(ついおく)
月(つき)
月の沙漠
月夜の兎
出船(でふね)
電車ごっこ
東京行進曲
燈台守
通りゃんせ
時計台の鐘
どこかで春が
ともしび
トロイカ
どんぐりころころ
とんび

な行                 top

仲よし小道
夏は来ぬ
七つの子
二宮金次郎
庭の千草(にわのちぐさ)
人形(にんぎょう)
ねんねのお里
野 菊(のぎく)

は行                 top

箱根八里(はこねはちり)
蓮 池(はすいけ)
鳩(はと)

花かげ
花言葉の唄
花園の恋
花 火
花嫁人形
埴生の宿(はにゅうのやど)

波浮の港(はぶのみなと)
浜千鳥
浜辺の歌
春 風(はるかぜ)
春が来た
春のうた
春の唄
春の小川
春よ来い
久しき昔(思い出)
人を恋うる歌
ひばり
琵琶湖周航の歌
ふじの山
舟あそび(ふなあそび)
吹雪の晩
冬景色(ふゆげしき)
冬の星座
冬の夜
故郷(ふるさと)
ペチカ
紅屋の娘(べにやのむすめ)
鉾(ほこ)をおさめて
星の界(ほしのよ)
蛍(ほたる)
蛍の光
ほととぎす(秋夜懐友) 
幌馬車の唄

ま行                top

 牧場の朝
待ちぼうけ
みどりのそよ風
港(みなと)
妙義山(みょうぎさん)
虫のこえ
むすんでひらいて(見わたせば)
村の鍛冶屋
村 祭 (むらまつり)
名月 赤城山(めいげつ あかぎやま)
めえめえ児山羊
紅葉(もみじ)
桃太郎(ももたろう)

や行                 top

 山男の歌
山のロザリア
夕焼小焼(ゆうやけこやけ)

雪山讃歌(いとしのクレメンタイン)
揺籃の歌(ゆりかごのうた)
宵待草(よいまちぐさ)
夜の梅

ら行                 top

 旅愁
リンゴのひとりごと
ローレライ

わ行                 top

 我は海の子