童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

木の葉のお船

木の葉のお船

 

♫ かえるつばめは このはのおふねネ ♪

f:id:ori-iro:20200223100620j:plain


 

f:id:ori-iro:20200612124056p:plain


     木の葉のお船                作詞:野口 雨情
                           作曲:中山 晋平


1 かえるつばめは このはのおふねね  : 帰る燕は 木の葉のお船ネ
  なみにゆられりゃ おふねはゆれるね : 波にゆられりゃ お船はゆれるネ
  さ ゆれるね            : サ ゆれるネ

2 ふねがゆれれば つばめもゆれるね  : 舟がゆれれば 燕もゆれるネ
  つばめかえるにゃ おくにはとおいね : 燕帰るにゃ お国は遠いネ
  さ とおいね            : サ 遠いネ   

3 とおいおくにへ ほのないおふねね  : 遠いお国へ 帆のないお船ネ
  なみにゆられて つばめはかえるね  : 波にゆられて 燕はかえるネ
  さ かえるね            : サ かえるネ

1924年(大正13年) 「コドモノクニ」に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200223100812j:plain

木の葉 ⇒ 「このは」「きのは」どちらが正しいでしょうか。
「このは」が正解のようです。
「きのは」でも間違いではないですが、本来は「このは」と読むようですよ。

「木」は、一字で 読むときは「き」ですが、他の文字(言葉)と組み合わされた場合
は、「こ」と発音するのが正しいのだそうです。

木洩れ日(木漏れ日) ⇒ こもれび
木陰 ⇒ こかげ
木立 ⇒ こだち
木末 → 梢 ⇒ こずえ

と、こんな具合ですね。



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る