唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

雁(雁がわたる)

雁(雁がわたる)

 

♫ 雁がわたる 鳴いてわたる ♪

f:id:ori-iro:20200806114234j:plain


 

f:id:ori-iro:20200806114405p:plain


    雁(雁がわたる)     文部省唱歌

 かりがわたる ないてわたる : 雁がわたる 鳴いてわたる 
 なくはなげきか よろこびか : 鳴くはなげきか 喜か
 つきのさやかな あきのよに : 月のさやかな 秋の夜に
 さおになり かぎになり   : 棹になり かぎになり
 わたるかり おもしろや   : わたる雁 おもしろや

 2
 かりがおりる つれておりる : 雁がおりる 連れておりる
 つれはおやこか ともだちか : 連は親子か 友だちか
 しものましろな あきのたに : 霜の真白な 秋の田に
 むつましく つれだちて   : 睦ましく 連れだちて
 おりるかり おもしろや   : おりる雁 おもしろや

1912年(明治45年)「尋常小学唱歌(第三学年用)」に「雁」として掲載されまし
たが、1932年(昭和7年)の「新訂尋常小学唱歌(第三学年用)」では「雁がわた
る」に変更されています。原曲はもう少しゆっくりなようです)

ところで「文部省唱歌」とはよく聞くでしょうが、どういうことでしょうか、そして
なぜ作詞作曲者が表示されないことが多いのでしょう。
それはこういうことなのです。

(以下 参考資料:Wikipedia 文部省唱歌)
文部省唱歌とは、文部省(現在の文部科学省)が編纂し、明治から昭和にかけて、
{1910年(明治43年)の「尋常小学読本唱歌」から1944年(昭和19年)の「高等科
音楽一」まで}教科書に掲載された楽曲のことで、1900年代までの翻訳唱歌は「文部
省唱歌」に含まれません。(文部省が定めた正式名称ではありません。)

「尋常小学読本唱歌」およびこれを学年別に振り分けた「尋常小学唱歌」に収録され
た唱歌(全120曲)は、全て日本人による新作で、当時の文部省は作詞者・作曲者に
高額な報酬を払い、名は一切出さず、また作者本人も口外しない、という契約を交わ
したのだそうです。

検定教科書の時代になって著作者を明らかにしなければならなくなりました。
しかしその作業が学問的に行われたことはないために著作者不明が多く、また著作者
が判明しても根拠が弱いために、個々の作詞・作曲者を出さず「文部省唱歌」とだけ
表記している教科書・歌集もあるのが現状のようです。
(以上 参考資料:Wikipedia 文部省唱歌)

その年代には日本にとって不幸な時代もありました。
それを反映した唱歌もありますが、中にはいまだに歌い継がれている歌もあります。
良い歌はいつの時代にも受け入れられる、これからもそういう良い歌が歌い継がれる
時代が続いて欲しいものです。


誕生日や記念日には お花を贈りましょう

日比谷花壇



「お花贈り物」 誕生日や記念日に、心を込めたカードを添えて。

日比谷花壇