童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

菅 公(かんこう)

菅 公(かんこう) 

♫ ひかげさえぎる むらくもに ♪

f:id:ori-iro:20200216135522j:plain



   菅 公 (かんこう)       作詞・作曲:不詳


1 ひかげさえぎる むらくもに  : 日かげさえぎる むら雲に
  ほすよしもなき ぬれぎぬを  : 干すよしもなき 濡衣を
  みにはきつれど まごころの  : 身には著つれど 真心の
  あらわれずして やまめやと  : あらわれずして 止まめやと
  かみのまもりを たのみつつ  : 神のまもりを 頼みつつ
  はいしょにいきし きみあわれ : 配所に行きし 君あわれ

2 のちをちぎりし うめがえに  : のちを契りし 梅が枝に
  こちふくはるは かえれども  : 東風ふく春は かえれども
  きくのせちえの こうちょうの : 菊の節会の 後朝の
  えんにはべりし あきはこず  : 宴に侍りし 秋は来ず
  ぎょいをひごとに はいしつつ : 御衣を日毎に 拝しつつ
  はいしょにはてし きみあわれ : 配所にはてし 君あわれ


1913年(大正2年)「尋常小学唱歌(五)」に掲載されました。

宇多天皇に重用されて醍醐朝では右大臣にまで昇りつめたが、謀反を計画したとして
大宰府へ左遷され現地で没した「菅原道真」を歌っています。

1,2番の最後に出てくる「配所」とは、流罪によって流された場所のことです。
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー