童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

田舎の四季(いなかのしき)

田舎の四季(いなかのしき)

♫ みちをはさんで はたいちめんに ♪

f:id:ori-iro:20200206110735j:plain

 



     田舎の四季         作詞:堀沢 周安
                   作曲:不詳


みちをはさんで はたいちめんに   : 道をはさんで 畠一面に
むぎはほがでる なははなざかり   : 麦は穗が出る 菜は花盛り
ねむるちょうちょう とびたつひばり : 眠る蝶々 とび立つひばり
ふくやはるかぜ たもともかるく   : 吹くや春風 たもとも軽く
あちらこちらに くわつむおとめ   : あちらこちらに 桑つむ少女
ひましひましに はるごもふとる   : 日まし日ましに 春蚕も太る


ならぶすげがさ すずしいこえで   : ならぶ菅笠 涼しいこえで
うたいながらに うえゆくさなえ   : 歌いながらに 植え行く早苗
ながいなつのひ いつしかくれて   : ながい夏の日 いつしか暮れて
うえるてさきに つきかげうごく   : 植える手先に 月かげ動く
かえるみちみち あとみかえれば   : かえる道々 あと見かえれば
はずえはずえに よつゆがひかる   : 葉末葉末に 夜つゆが光る


にひゃくとおかも ことなくすんで  : 二百十日も 事なくすんで
むらのまつりの たいこがひびく   : 村の祭の 太鼓がひびく
いねはみがいる ひよりはつづく   : 稲は実がいる 日和はつづく
かってひろげて ひにかわかして   : 刈ってひろげて 日に乾かして
こめにこなして たわらにつめて   : 米にこなして 俵につめて
かないそろって えがおにえがお   : 家内そろって 笑顔に笑顔


まつをひにたく いろりのそばで   : 松を火にたく いろりの側で
よるはよもやま はなしがはずむ   : 夜はよもやま 話がはずむ
ははがてぎわの だいこんなます   : 母がてぎわの 大根なます
これがいなかの としこしざかな   : これが田舎の 年こしざかな
たなのもちひく ねずみのおとも   : 棚の餅ひく ねずみの音も
ふけてのきばに ゆきふりつもる   : 更けて軒端に 雪降り積る


1910年(明治43年)7月「尋常小学読本唱歌」に掲載されました。

昭和7年の新訂版で、以下の二箇所が変更されています。
3番・ 米にこなして ⇒ もみに仕上げて
4番・ 松を火にたく ⇒ そだを火にたく

f:id:ori-iro:20200206111025j:plain
1番 畠(はた)  ⇒ 畠(はた・はたけ)=畑
1番 春蚕(はるご)⇒ 春から初夏にかけて飼うカイコ
2番 早苗(さなえ)⇒ 苗代から田へ植えかえるころの稲の苗
3番 実がいる   ⇒ 実が入る=実がはいる・実が熟れる
3番 こなして   ⇒ 熟して=やり遂げる・完成させる
4番 大根なます  ⇒ 大根膾=大根・人参を細く切って酢で和えた食べ物 
4番 棚の餅ひくねずみの音 ⇒ 棚にある餅を、ねずみが食べようと動かす音

作詞の「堀沢 周安(ほりさわ ちかやす)」について
1869年(明治2年)~1941年(昭和16年)
作詞家であり、また教育者でもありました。
国文学を学び、長野県、香川県、愛媛県で教員を務めながら、校歌や市町村歌を多数
作詞しました。
(堀沢周安についての参考資料:Wikipedia 堀沢周安)
 


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー