唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

波浮の港(はぶのみなと)

波浮の港(はぶのみなと)

♫ いそのうのとりゃ ひぐれにゃかえる ♪

f:id:ori-iro:20200227133102j:plain
                                photolibrary

 

f:id:ori-iro:20200617093452p:plain

       波浮の港           作詞:野口 雨情
                      作曲:中山 晋平

1 いそのうのとりゃ ひぐれにゃかえる  : 磯の鵜の鳥ゃ 日暮にゃ帰る
  はぶのみなとにゃ ゆうやけこやけ   : 波浮の港にゃ 夕やけ小やけ
  あすのひよりは            : あすの日和は
  やれほんにさ なぎるやら       : ヤレホンニサ なぎるやら

2 ふねもせかれりゃ でふねのしたく   : 船もせかれりゃ 出船の支度
  しまのむすめたちゃ ごじんかぐらし  : 島の娘たちゃ 御神火ぐらし
  なじょなこころで           : なじょな心で 
  やれほんにさ いるのやら       : ヤレホンニサ いるのやら

3 しまでくらすにゃ とぼしゅうてならぬ : 島で暮すにゃ 乏しゅうてならぬ
  いずのいとうとは ゆうびんだより   : 伊豆の伊東とは 郵便だより
  しもだみなととは           : 下田港とは
  やれほんにさ かぜだより       : ヤレホンニサ 風だより

4 かぜはしおかぜ ごじんかおろし    : 風は潮風 御神火おろし
  しまのむすめたちゃ でふねのときにゃ : 島の娘たちゃ 出船のときにゃ
  ふねのともづな            : 船のともづな 
  やれほんにさ ないてとく       : ヤレホンニサ 泣いて解く


御神火 = ごじんか・ごしんか ⇒ 火山を神聖なものと扱って、その噴火・噴煙をいう
     語。特に、伊豆大島の三原山のものをさしていう。
                 (コトバンクより引用)

f:id:ori-iro:20050504092445j:plain
                               photolibrary

1928年(昭和3年)に発表されました。
日本ビクターからレコード発売されましたが、このレコードが日本で初めての「商業
レコード」ということです。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集