童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

あわて床屋

あわて床屋

♫ はるは はようから かわべのあしに ♪

f:id:ori-iro:20200306125433j:plain



     あわて床屋           作詞:北原 白秋
                     作曲:山田 耕筰

 

1 はるははようから かわべのあしに  : 春は早うから 川辺の葦に
  かにがみせだし とこやでござる   : 蟹が店出し 床屋でござる
  チョッキン チョッキン チョッキンナ

2 こがにぶつぶつ しゃぼんをとかし  : 子蟹ぶつぶつ 石鹸を溶かし
  おやじじまんで はさみをならす   : 親爺自慢で 鋏を鳴らす
  チョッキン チョッキン チョッキンナ

3 そこへうさぎが おきゃくにござる  : そこへ兎が お客にござる
  どうぞいそいで かみかっておくれ  : どうぞ急いで 髪刈っておくれ
  チョッキン チョッキン チョッキンナ

4 うさぎぁきがせく かにぁあわてるし : 兎ァ気がせく 蟹ァ慌てるし
  はやくはやくと きゃくぁつめこむし : 早く早くと 客ァつめこむし
  チョッキン チョッキン チョッキンナ

5 じゃまなおみみは ぴょこぴょこするし: 邪魔なお耳は ぴょこぴょこするし
  そこであわてて ちょんときりおとす : そこで慌てて チョンと切りおとす
  チョッキン チョッキン チョッキンナ

6 うさぎぁおこるし かにぁはじょかくし: 兎ァ怒るし 蟹ァ恥ょかくし
  しかたなくなく あなへとにげる   : 仕方なくなく 穴へと逃げる
  チョッキン チョッキン チョッキンナ
  しかたなくなく あなへとにげる   : 仕方なくなく 穴へと逃げる
  チョッキン チョッキン チョッキンナ


1919年(大正8年)北原白秋は雑誌「赤い鳥」に、この詩を発表しました。
山田耕筰がこの詩に曲を付け、発表したのは、1923年(大正12年)のことです。

(最初の曲は一般公募によって付けられましたが、山田耕筰の現在の曲とは全く違う
唱歌風の曲でした。)

 この歌詞と曲、じつに楽しいですね、さすが北原白秋、山田耕筰です。


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー