童謡・唱歌など なつかしい日本の歌

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

秋の山

秋の山

 

♫ かぜきよく ひはうららかに ♪

f:id:ori-iro:20200317171443j:plain



     秋の山         文部省唱歌(作詞・作曲:不詳)
                       

1 かぜきよく ひはうららかに : 風清く 日はうららかに
  はじのはの くれないにおう : 黄櫨の葉の 紅匂う
  うつくしき あきのやま   : うつくしき 秋の山
  はなすすき わけてのぼれば : 花すすき 分けて登れば
  かたはらの もりのなかに  : かたはらの 森の中に
  けたたまし もずのこえ   : けたたまし 百舌の声

2 うちつづく みねまたみねも : 打続く 峰また峰も
  あかときの おりなすにしき : 赤と黄の 織りなす錦
  かがやける あきのやま   : かがやける 秋の山
  ながめつつ しばしいこえば : 眺めつつ しばし憩えば
  あしもとの くさのかげに  : 足もとの 草の蔭に
  ほそぼそと むしのこえ   : ほそぼそと 虫の声

                    (現代表記にしています)

はじ(黄櫨)⇒ はぜ(黄櫨の木)の別名
かたはら = 傍ら・側 ⇒ (物や場所などの)近く、わき

1933年(昭和8年)「新訂尋常小学唱歌」 第五学年用に掲載されました。

f:id:ori-iro:20200317171650j:plain

秋の山の情景をうまく表現した、名曲だと思います。


 

 

 

楽天ネットスーパー

楽天デリバリー